新着情報

柳広司著「アンブレイカブル」読書ノート(小林多喜二編)

 柳広司著「アンブレイカブル」の「雲雀」と題する章を読んでいます。
 これは、小林多喜二について書かれた章です。
 作者の柳さんは、4月4日付しんぶん赤旗日曜版のインタビューで多喜二の章について次のように述べています。
 「多喜二作品の一つの頂点が『蟹工船』です。生き生きとした文体で描かれた群像劇、しかも、いま読んでおもしろい小説として書き得た。それはどうやってできたのか。多喜二が拓殖銀行で働きながら、なぜこんなすごい小説を書き得たのか。それを調べるため、多喜二が漁師たちに話を聞くため通った函館から小樽まで、実際に列車に乗りに行きました。漁師たちの経験を多喜二が小説に書き、それを読むことで漁師たちが『自分たちはこういう世界に生きていた』と初めて把握する。そして『自分は漁が好きだ。それなのに、なぜ蟹工船は〈地獄〉なんだ』と考え始める。その瞬間を書きたかった」
 小林多喜二の作品は、社会の現実をあぶり出すものだったことを作者の柳さんは力強く述べています。
 私は、柳さんの「雲雀」から、多喜二作品の本質を改めて知ることが出来ました。
 「雲雀」から漁師の萩原の言葉の一部引用します。
 「『去年、労農党の山本宣治議員が、警察で拷問が行われているのではないかという噂を国会で取り上げ、ことの真偽を問い糺したんだ。その時、政府を代表して答弁に立った内務次官は(警察の取り調べで拷問など断じてありえない)(明治、大正、昭和を通じて、この聖代において想像するだに戦慄を覚える)と疑惑をきっぱり否定した。たしか、新聞にそんな記事が出ていた』萩原は谷を振り返り、『拷問による取り調べは法律で禁じられている。拷問による取り調べは違法。時の内務次官が国会でそう答弁して、記録にもちゃんと残っているんです』萩原は、谷というよりは自分自身に言い聞かせるように言葉を続けた。『つまり、小林多喜二の(一九二八年三月十五日)は作り話だということです。小説、イコール、フィクション、イコール、虚構というわけですね。だとしたら逆にこれは実に良く出来た小説です。まるで本当にあったことのように書かれている』」
 手塚英孝著「小林多喜二」に、1928年3月15日の小樽の様子が次のように書かれています。
 「小樽では、まだ雪におおわれていた3月15日の未明から、2カ月にわたって大検挙がおこなわれた。起訴された共産党関係者は13人だったが、500人におよぶ人々がこの間に逮捕、検束、召喚された、とつたえられている。小樽警察と水上署は検挙者であふれ、小樽警察の演舞場も臨時の収容所にあてられた。とくに北海道の労働運動の中心勢力であった小樽合同労働組合への弾圧は徹底をきわめた。検挙された指導的な活動家は、警察でひどい拷問をうけ、意識的な組合員は、ほとんど現場から追放された。4月10日には、小樽合同も、労働農民党、無産青年同盟小樽支部も解散を命じられた。」
 国会で、拷問なんてありえないと特高を統括する内務官僚が答弁する最中、小林多喜二は、「一九二八年三月十五日」で警察で拷問を受けた労働者の姿を生々しく描き出したのです。小林多喜二は、小樽の大検挙からわずか、5年後の1933年に特高警察による拷問により命を落とすことになります。
 作家の柳さんは、しんぶん赤旗のインタビューでこう述べています。
 「権力の側には、治安維持法に基づいているという合法意識があります。自分たちが合法であり正義だと。それはいまの香港やロシア、日本でもそうでしょう。この小説で書いたような状況は、弾圧を正当化する法律と官僚組織があれば、いつでも発生しうることです。特高警察も憲兵も、自分たちの仕事を遂行することで権力によるテロリズムとなり恐怖政治につながりました。ではどうするのか。そこで立ち止まって考えるための、普遍的な問いかけになればと思ってこれを書きました」
 安保法制=戦争法が強行されて5年が経過した現在、私たちは歴史の分岐点に立っていると思います。
 「アンブレイカブル」で描かれた状況を復活させないために、立ちどまって考えるための貴重な示唆が「アンブレイカブル」に書かれてあることを痛感しています。
 柳広司著「アンブレイカブル」を一人でも多くの方にお読みいただきたと思います。
 

山口県でもモ二タリング検査行うべき

 内閣府は、「緊急事態宣言解除後の新型コロナウイルス感染症の対応」として、モニタリング検査を実施する次の方針を示しました。
 「繁華街・歓楽街等を中心に無症状者に焦点を当てた幅広いPCR検査等(モニタリング検査)を行い、他の検査データ、SNS等のデータとともに分析し、感染拡大の兆候を探知する。このモニタリング検査を本年2月22日より開始し、今後、解除地域の繁華街・歓楽街、大学、空港、駅等で、まずは1日あたり1万件規模の実施を想定し、これらのデータ解析による感染症の流行・拡大の探知を踏まえ、検査やクラスター対策など早期対応を進める。」
 モニタリング調査を全国で実施しているかどうかしんぶん赤旗は、3月29日~4月1日にかけて調査し、4月4日付のしんぶん赤旗日刊紙で次のように報じました。
 「モニタリング検査を開始しているのは緊急事態宣言が解除された11都府県と北海道。実施状況は、検査数が1日あたり748件(3月22日~28日)で、政府目標の「1日1万件」から大きく遅れています。」
 しんぶん赤旗日刊紙は、独自の方法で無症状者を対象にした検査を行っている自治体があるとして次のように報じました。
 「新潟、愛媛、滋賀、広島、熊本の5県は、内閣府とは異なる独自の方法で、無症状者を対象とした検査を実施。県内の感染状況を把握し、感染の制御につなげる取り組みを行っています。」
 山口県は、高齢者施設の従業者等への積極的検査など高齢者施設への対策の強化については、今月から開始をする方針を示しています。
 この点は評価します。
 山口県の3月22日から3月28日の行政検査実施状況は、1891件です。1日当たりの件数は、約270件です。
 山口県が示した1日当たりのPCR等検査件数は2250件です。
 4月1日、厚労省は、新型コロナウイルス感染症の検査体制の整備に関する指針を示し、都道府県において、検査体制整備計画を示し、4月23日までに国に報告するよう求めています。
 山口県は、検査体制整備計画を策定する中で、高齢者施設への対応と同時に、モニタリング検査を実施する内容を盛り込むべきです。
 内閣府は、1日1万件のモニタリング調査を提起しながら、全国の取り組みは大きく遅れています。
 山口県としてどう取り組むべきか、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

柳広司著「アンブレイカブル」読書ノート(鶴彬編)

 4月4日付しんぶん赤旗日曜版に作家の柳広司さんのインタビュー記事が掲載されました。
 柳広司さんの近著「アンブレイカブル」が取り上げられていました。
 私は、書店に急いで、この本の一遍を先ほど読み終えました。
 その理由は、私が最も敬愛する川柳作家・鶴彬が、この本の一遍で取り上げられているからです。
 鶴彬の部分のしんぶん赤旗の記事の部分を紹介します。
 「2編目は、川柳作家・鶴彬を描く『叛徒』です。鶴彬は『手と足をもいだ丸太にしてかえし』など反戦川柳で知られます。『川柳はもともと好きで、鶴彬の名は田辺聖子氏の川柳作家評伝『道頓堀の雨に別れて以来なり』(1998年)を読んで印象に残りました。鶴彬の魅力は、人物と川柳というメディアが合致しているところです。物事の本質にまっすぐに飛び込み、作品として提示できる。川柳という形式と鶴彬という存在が分かちがたい。川柳には(穿つ)という言葉があるそうですが、鶴彬はまさに現実を穿つ(穴を開ける)人物だったと思います。」
 柳広司著「アンブレイカブル」の鶴彬の章「叛徒」の中で、丸山憲兵大尉の元に次の告発状が届きます。
 「昨今、川柳人の中に時局に処する日本人としての愛国の至情を著しく欠くと思しき、以下のごとき非国民的作品を発表する者が見受けられます。『重税の外に献金すすめられ』『人間へハメル口輪を持ってこい』『タマ除けを産めよ殖やせよ勲章をやろう』殊に第三句、鶴彬の作に至っては言語道断。国民精神総動員、遵法週間が叫ばれる昨今、あまりに非愛国的、あまりに叛逆的と言わざるをえません。同じ川柳を嗜む者として慄然たる思いであり、遺憾ながら茲にご報告申し上げる次第であります。当局に於かれましては何卒、鶴彬ならびに彼ら叛逆的川柳人に対して厳しい監視とご指導を賜りますよう、我等柳壇一同、伏してお願い申し上げます」
 作者の柳さんは、この手紙について「書き手が上目づかいに卑屈な笑みを浮かべているのが、目に浮かぶようだ。」と書いています。
 この作品には、特高のクロサキがどの章にも登場します。
 特高のクロサキは、憲兵の丸山に「あなたたちも早晩、我々と同じ道を辿ることになる。我々は所詮一本の道の上にいて、どこまで進んだかに違いがあるだけだ。」と話します。
 作者の柳さんは、クロサキの言葉の意味をこう解説しています。
 「それなら何のために二つもの組織が必要なのか。共産主義の取り締まりだけなら、その先は少なる仕事を奪い合うか、さもなければアカの定義を無限に拡張していくしか道は残されていない・・・」
 治安維持法の下で、小林多喜二も鶴彬も三木清も命を奪われた事実を作者の柳さんは今日に問います。
 柳さんは、しんぶん赤旗のインタビューでこう述べています。
 「権力の側には、治安維持法に基づいているという合法意識があります。自分たちが合法であり正義だと。それはいまの香港やロシア、日本もそうでしょう。この小説で書いたような状況は、弾圧を正当化する法律と官僚組織があれば、いつでも発生しうることです。特高警察も憲兵も、自分たちの仕事を遂行することで権力によるテロリズムとなり恐怖政治につながりました。では、どうするのか。そこで立ち止まって考えるための、普遍的な問いかけとなればと思ってこれを書きました」
 先日の中国新聞に、作家の保坂正康さんの「かるた・川柳にこめた皮肉」という随想が掲載されていました。
 保坂さんは、江戸時代の川柳やかるた以降、日本社会には風刺や抵抗の精神があったと述べた上で次のように書いています。
 「この何年かこうした風刺の精神が泡沫のように消えてしまった。この精神がどの分野でも衰弱してしまった。政治家、官僚が現在ほどルールを踏み外している時代はないと思うのに、風刺、抵抗の言論は消えてしまった。自戒を込めての言になるが『どうした日本人!先達に恥ずかしいぞ』と私もつぶやいているのである。」
 先日、古川柳の伝統と「川柳中興の祖」井上剣花坊が探求した「現代川柳」を探求する川柳結社「東京川柳会」の同人に推薦いただきました。
 井上剣花坊生誕150周年記念誌上川柳大会で、私のいくつかの句を佳作にしていただきました。
 「子どもらに剣を持たせるような国」
 鶴彬は、井上剣花坊が主催する「川柳人」に多くの作品を発表しました。
 先達に恥ずかしくない句を「東京川柳会」で発表していきたいと思います。
 柳広司さんの「アンブレイカブル」は、「叛逆」を読み終え、今、小林多喜二を扱った「雲雀」を読んでいます。
 「アンブレイカブル」は今年1月29日に発行されたばかりの新刊です。一人でも多くの方に書店で手に取っていただきたいと思います。
 読まれた方は感想をお聞かせ下さい。

「ゼロカーボンシティ」宣言ゼロは山口県だけ

 4月1日、中国新聞は、「ゼロカーボンシティ」について次のように報じました。
 「2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出量実質ゼロを目指す『ゼロカーボンシティ』を宣言する自治体が増える中、山口県が全国唯一の宣言ゼロ地帯になっている。菅義偉首相も昨秋、国内の温室効果ガス排出を実質ゼロにすると宣言した。国への追随が目立つ『自民党王国』の県が珍しく二の足を踏んでいる。環境省によると3月30日現在、全国で348自治体(38都道府県、203市、6特別区、82町、19村)が宣言。人口ベースで1億834万人に上る。昨年10月26日に菅政権が所信表明演説で『50年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする脱炭素社会の実現を目指す』と述べた以降に自治体数は倍増した。広島県の湯崎英彦知事も3月18日に『世界から注目を集めるような取り組みを推進する』と宣言した。一方の山口県は県を含めて全19市町が表明しておらず、47都道府県で唯一の空白地帯となっている。県環境政策課の担当者は『市町と申し合わせているわけではない』と念押しした上で『県として道筋が立っていない中での表明は口だけになる』と慎重な姿勢。山口市環境政策課の担当者も『具体的な施策を検討してからの表明でないと、絵に描いた餅になってはいけない』と強調する。安倍晋三氏(衆院山口4区)たち首相を排出してきた山口県は村岡嗣政知事をはじめ、国会議員と全19市町長が自民党員。国が旗を振る事業を推進する傾向がある。ある野党県議は『安倍政権が宣言していれば従うのではないか』といぶかしがるが、すんなりと宣言できない背景の一つに県の産業構造がある。県の16年度の温室効果ガスの総排出量のうち産業関連の割合は67・8%。鉄鋼やセメントなど基礎素材の産業が多いため、全国平均の35・4%の倍近い。同年度の総排出量はCO2換算で4277万トン。計算上、排出量から差し引ける森林などの吸収量は88・3万トンにすぎず『ゼロ』のハードルは極めて高い。県は3月末に改定した30年度までの実行計画で温室効果ガスを13年度から17・8%減らす目標を設定。21年度はコンビナート企業と連携して検討会を新たに設け、産官学で低炭素化の取り組みを加速する。家庭での削減に向け、スーパーなどで使えるエコポイントがたまるスマートフォンのアプリの開発なども計画している。国は地球温暖化対策計画の見直しを進めている最中。県は独自の目標の早期達成に向け、実効性のある施策を着実に進める方針だ。村岡知事は『ゼロカーボンシティの表明は国の動きを踏まえ、県民や事業者、市町などの取り組み主体からも幅広く意見を聞きながら、引き続き検討したい』と話している。」
 私は、過去の議会で、二度、山口県は「ゼロカーボンシティ」を表明すべきだと議会で質問しました。
 引き続き、一日も早く山口県が「ゼロカーボンシティ」を表明するよう発言を行っていきたいと思います。
 この問題に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

「県が管理する橋梁の点検結果等の公表基準」明らかに

 私は、2月県議会の一般質問で、上関大橋の損傷問題を取り上げました。
 その中で、橋梁の点検結果の公表基準の策定時期について質しました。
 阿部土木建築部長は「今後、橋の重要性や損傷の程度などによる公表基準を定めて、点検結果を公表する考えだ。早期に点検結果の公表基準を作成したい。」と答えました。
 土木建築部道路整備課は、この程「県が管理する橋梁の点検結果等の公表基準」を明らかにしました。
 公表の対象となる橋(2020年6月時点の橋梁数)は、①離島架橋(9橋)②長大橋、特殊橋(24橋)③重要物流道路上の橋・緊急輸送道路上の橋(1900橋)④跨線橋、跨道橋(81橋)、①~④までが特に重要な橋(2305橋)⑤その他(2305橋)です。
 橋の健全度は、①健全(1053橋)②予防保全段階(2755橋)③早期措置段階(511橋)④緊急措置段階(O橋)です。
 公表基準は以下の通りです。
 ①橋梁諸元や最新の点検結果(橋の健全度)、次回点検時期等の基本的な情報を全ての橋について、定期的に公表(毎年)
 ②基本的な情報に加え、部材毎の健全度、主な部材の損傷状況、主な補修の履歴及び予定等の詳細な情報を橋の「重要性」や「健全度(損傷の程度)」を考慮して、定期的に公表(原則、5年に1回の法定点検後)
 ③ただし、橋の通行に支障となる損傷が生じた場合には、情報を速やかに公表
 点検結果の公表予定や方法は以下の通りです。
 ①今年5月末に、基本的な情報(全ての橋梁)及び詳細な情報(離島架橋)を公表
 ②今後、順次、特に重要な橋などの詳細な情報を公開
 ③公表基準や点検結果、長寿命化計画等の情報を集約して、占用WEBサイトで公表する。(山口県道路整備課のホームページ内にある「やまぐちの橋メンテナンスまるごと情報」のバナーをクリック)
 上関大橋では、15年前の損傷が公表されていなかったことが大きな問題となり、私を含めて複数の議員が2月県議会の一般質問で取り上げました。
 その結果、県が管理する橋梁の点検結果等の公表基準が設けられることは、この問題を指摘した議員の一人として、率直に評価したいと思います。
 今後とも、県内の橋梁が適切に管理され、万が一、損傷が発見された時には、直ちに情報が県民に届けられる体制が維持されることを望みます。
 県が管理する橋梁の点検結果等の公表基準が明らかになりました。
 この問題に対する皆さんご意見をお聞かせ下さい。

映画「アイヌモシㇼ」

 ワイカムシネマで福永壮志監督の映画「アイヌ モシㇼ」を観ました。
 アイヌモシㇼとは人間の国の意味です。カムイモシㇼとは神の国の意味で、この二つの言葉は対をなしています。
 映画のパンフレットに「究極すれば、アイヌ以外の存在は全てカムイだと言えます。」とあります。
 映画のクライマックスは、イオマンテです。イオマンテとは熊送りの儀式です。
 イオマンテの世界観について映画のパンフレットで次のように説明されています。
 「アイヌモシㇼに遊びにやって来る熊の神さまは、熊の毛皮を纏ってやって来ます。だからアイヌからは熊に見えるのです。肉や毛皮はカムイからアイヌに対するお土産です。これを貰ったお礼に、アイヌは、熊のカムイの魂をたくさんのお酒やご馳走、歌、踊りなどでもてなして、丁寧にカムイモシㇼへ送り返します。カムイモシㇼに送り返されたカムイは、アイヌから貰ったお土産のお酒やご馳走を他のカムイたちに振る舞いながら、アイヌモシㇼでは、いかに厚遇されて楽しかったか、という自慢話をします。その話を聞いた他のカムイたちは『そんなに楽しいなら、俺たちも行ってみるか』ということになり、動物の姿に変わり、肉や毛皮のおみやげを持参して自らの意思で、アイヌの客となるべくアイヌモシㇼにやってきます。」
 映画の舞台は、阿寒アイヌコタン。阿寒湖温泉の一角をなし、アイヌ民芸品店などを経営しながら、アイヌ文化を発信している地域です。
 阿寒アイヌでは1975年以降、イオマンテは行われていないようです。
 映画では、45年ぶりにイオマンテが行われたという設定ですが、熊を殺す行為に現在では抵抗があることがリアルに描き出されていました。
 イオマンテとは、私の感覚では、五穀豊穣を願う神事のようなものだと感じました。
 主人公の少年カントの演技は秀逸でした。高校入試を控え、彼は、「とにかく阿寒を出たい」と訴えます。
 私は、中山間地域で生まれ育ちましたが、10代の頃、とにかく外の世界に出たいと思っていました。ですからカントの気持ちがよく分かります。
 しかし、今の私は、地元を選挙区として議員を務め、農業を営み、地元のお寺の総代を務め、中山間地域の文化にどっぷりつかる生活をしています。
 何百年続いた農村文化を私たちの世代で失っていいのかとの気持ちを抱くことがしばしばあります。
 アイヌにも共通する農山村の文化が今、存立の危機を迎えていることをこの映画を観て実感しました。
 先日、NHKラジオに理学療法士の三好春樹さんが、「介護職こそインドに行こう」と話をされていました。三好さんがインドに行った際、目の前で牛がおしっこをしたそうです。地元女性の方が、牛のおしっこを手で救って、観光客にかけようとしたそうです。インドでは聖なる牛のおしっこは縁起のいい物とされているそうです。
 三好さんは、「文化が全く違うインドでの経験が、介護現場で生きる」と話をされていました。
 私は、この映画を観て、三好さんのこの言葉を思い起こしました。
 世界は多様性に満ちています。多様性を認めることで平和が構築されると思います。
 日本国内も多様性に満ちています。日本国内の多様性を認めることで、国内の平和が構築されると思います。
 3月31日の中国新聞が、札幌地裁が先日「同性婚を認めないのは法の下の平等を定めた憲法14条に違反する」とした判決を下したことを取り上げ、川上高志共同編集委員が「社会の意識の変化に国会はどう対応するのか。議員一人一人の感性と社会観が問われることとなる。」と書いていました。
 今こそ、多様性を認め合う社会の構築が求められていることを実感しています。
 国内での多様性を認める国こそ、世界の多様性を認める国だと思います。
 県議の一人として社会の意識の変化に敏感になれる「感性と世界観」を構築していく上で、映画「アイヌ モシㇼ」はとても刺激的な作品でした。
 私は、西宇部校区人権教育推進委員協議会会長を務めています。この立場からも、この映画は、とても参考になる映画でした。
 一人一人の人権を尊重する社会の実現のために、引き続き、学んでいこうとこの映画を観て決意を新たにしました。
 ワイカムシネマでの映画「アイヌ モシㇼ」の上映は3月31日に終わりでしたが、是非、この映画を一人でも多くの方に観ていただきたいと思います。
 もし、ご覧になった方は、この映画の感想をお聞かせ下さい。