新着情報

小林節が斬る!

 先日参加したある会合で、役員の方から日刊ゲンダイの「小林節が斬る!」というコラム記事のコピーを頂きました。

 リードには、「興味深い共産党の挑戦」とありました。

 「今月14~18日まで、日本共産党の大会が開かれ綱領の改定が行われた。その内容が興味深い。共産党は『暴力』革命政党だと批判されている。それに対して、帝政ロシアを倒したソ連の時代と異なり、日本共産党は一貫して選挙と議会による改革を追及していることを確認した。また、『自衛隊と日米安保条約を認めていない』と言われる。それに対して、共産党は自衛隊と日米安保がいらない世界を目指していることと、以下はそれが許される状況にないことを率直に認めている。さらに、『天皇制を認めていない』という批判に対しては、明治憲法下の国家の全権を掌握していた天皇と現憲法下の象徴天皇の違いを踏み外すべきではないと主張している。野党共闘が『野合』であるとの批判には、野党共闘にはすでに立派な共通政策があることを指摘している。①立憲主義、民主主義、平和主義の回復②格差をただす家計応援の政治③人権を尊重する政治、である。共産党が正しくないという批判にもきちんと答えている。まず、グローバル化した資本主義こそ、貧富の格差と環境の悪化を招いている。それに対して、かつて後進資本主義国で共産主義革命を試みた先例は、人権意識の未確立な時代に小さな資源を管理した官僚による独裁を招いてしまったが、人権意識の確立した豊かな資本主義国では、むしろ共産主義は資本の横暴による不幸を招かない可能性があると指摘している。そして、日本の現状として、①対米従属と②財界優先の政治を、見据えている。日本自体が米国の世界戦略に組み込まれている。米軍は日本の法令を無視して行動し、武器を爆買いさせられ、農産物市場も開放させられ食の安全まで脅かされている。また、政・官・財の癒着の下で、大企業と高額所得者を優遇する税制に加え、庶民には広く消費税が課され、労働法制の改悪と福祉の切り下げで、国民は貧困にあえいでいる。以上の認識の下に、無限の欲望の凶悪化を止め得ない資本主義が高度化した今日の日本で、共産党は、選挙と議会による共産主義革命にあえて挑戦しようとしている。楽しみである。」

 小林節さんは、安保法制が強行された翌年、宇部市にお招きし憲法問題をお話いただいたことがあります。

 私は、主催した会の事務局長として、事前の打ち合わせから当日、空港への見送りまで行いました。

 小林節さんは、豪放磊落でありながら、繊細な面もある紳士でした。

 小林さん独自の言葉使いはありますが、概ね、好意的に、そして、積極的に、党大会と綱領改定を評価していただいています。

 小林節さんは、昨年の参議院選挙で、日本共産党候補の応援のためにマイクを握っていただきました。

 私は、これからも小林節さんから学びながら、活動を充実させていきたいと思っています。

 小林節さんのコラムの感想をお聞かせ下さい。

党大会報告会に参加しました

 日本共産党第28回大会の代議員として参加し、宇部市、萩市、美祢市で行われた報告会で参加しました。

 綱領改定に関することを中心に報告会で私が発言した要旨は以下の通りです。

・・・

 日本共産党第28回大会に代議員として参加しました。大会が行われた伊豆学習会館は、JR伊豆多賀駅から約3キロ山奥にあります。伊豆学習会館へは、議員会議と21回大会と今度で、3度目の参加です。とても暖かい大会でしたが、最終日は雪が舞う寒さでした。最終日宿から送った荷物の中にジャンバーを入れて荷物を自宅に送ってしまい、とても寒い思いをしましたが、一つ一つがいい思い出になりました。
 何よりも、党大会で人生初めての発言を経験しました。順番が直前にならないと分からないので、二日目から毎日スーツで参加し、ようやく大会4日目の2番目に発言することが出来ました。
 私は、軍事基地化されようとしている山口県の実態を岩国基地、萩市へのイージス・アショア配備、山陽小野田市へのレーダー基地建設の3つの問題で指摘し、そこでの運動を報告しました。愛媛県の代議員から、「岩国基地を見学したい」という要請をいただきました。また、秋田県の代議員の皆さんとイージス・アショアの問題で情報交換しました。
 また、党員拡大の経験と故郷・吉部での活動報告を行いました。浄土真宗本願寺派の推薦を受けて選挙を闘った経験は、全国でも例がないようで、何人かの方から発言後、「すごいですね」と声をかけていただきました。
 安倍政権足下の山口県で暴走政治が激化しているが、その中で、党をとりまく客観的条件が変化していることと県民との関係の前向きな変化を山口県代表して発言できたことは私にとってとてもいい経験となりました。
 さて、今度の党大会は、16年ぶりに綱領が一部改訂された大会であったことの重大性を痛感しました。
 志位委員長は、中国の変化と現状にてらして、中国に対する綱領の従来の規定を削除する過程で三つの視野を開いたと述べました。
 第一は、「世界の構造変化」の最大のものが、植民地体制の崩壊と100を超える主権国家の誕生にあることを、綱領上、いっそう端的に押し出すことになった点です。
 中国に対する規定の削除にともなって「二つの体制の共存」という世界観を削除し、植民地体制の崩壊が「世界の構造変化」の中心に据えられました。
 第二は、資本主義と社会主義の比較論から解放されて、21世紀の世界資本主義の矛盾を正面からとらえ、この体制をのりこえる本当の社会主義の展望をよりすっきりした形で示すことができるようになった点です。
 比較論から解放されて、世界資本主義の矛盾そのものを正面からとらえ、本来の社会主義への展望、その魅力を正面から示すことができました。
 第三は、「発達した資本主義での社会変革は社会主義・共産主義への大道」という命題を堂々と押し出すことができるようになった点です。
 マルクス・エンゲルスは、資本主義が最も進んだ国での革命が決定的な意義を持つと指摘していましたが、その立場を正面から堂々と押し出すことができるようになりました。
 志位委員長は閉会あいさつで各国大使館からの来賓の方の感想として「大会が世界で最も先進的な課題であるジェンダー平等と気候変動を重視していることに注目しました。世界の変化に敏感に対応している政党だと感じました。」を紹介しました。
 志位委員長は、結語で、日経新聞が「乗り越えるべき課題は山積しているとはいえ、この先も資本主義に代わる選択肢はない」と書いたことを紹介しました。核兵器廃絶、ジェンダー平等、気候変動も、差別と貧困に対する闘いが未来社会に地続きで繋がっている。諸問題を解決する展望があることを示した綱領改定の中身を語れば国民の共感を得ることができる確信を深めた大会参加でした。
 大会で私が発言した要旨が赤旗に掲載され、京都の知人から次のようなメールが届きました。「安倍首相のおひざもと山口で、安倍政治と正面切って対決して、県議会議員の議席を回復されたのは全く見事であり、軍事基地県にさせないたたかいに奮闘されていることに心から拍手をお送りします」。県党の皆さんの運動について発言出来たことを誇りに感じています。代議員として大運動の先頭に立って頑張る決意です。

 ・・・

 党大会の内容を知りたいという皆さん、数人の集まりでも可能な限り参加します。

 希望日を私にお伝えください。

 

公立病院再編統合対象増440に

 18日、しんぶん赤旗日刊紙は、厚生労働省が進める公立病院再編統合について次のように報じました。

 「厚生労働省は、17日、再編統合の議論が必要とした昨年9月に公立・公的病院名を公表した問題で、都道府県に対して議論を進めるよう要請する通知を出し、当初424病院だった対象病院を約440に増やした修正版リストも提供しました。多くの医療関係者が求めたリストの撤回とは正反対に、さらに多くの病院で再編統合を進めさせる狙いです。再編統合の議論を促す424病院のリストをめぐっては、過去の部分的な診療実績データなどをもとに機械的に一律の判断基準を設けたため、自治体や医療関係者は猛反発。すでに統廃合で廃止された病院名なども載っていたため、現場の混乱に拍車をかけました。同省は集計結果などを精査して対象を修正。当初の7病院を除外し、新たに約20病院を追加したため、リストは約440病院に増えました。対象の公立・公的病院に近い民間病院の診療実績データも提供しました。」

 厚生労働省のホームページには、再編統合対象医療機関から外れた7病院名は明記されています。

 県内では、岩国市医療センター医師会病院が含まれています。

 18日付東京新聞は、「対象に含まれる新たな20ほどの病院について厚労省は『混乱を広げる』として実名や都道府県別の数を明らかにしていない。」と報じました。

 この報道の通り、厚生労働省が新たに追加した約20病院の中に県内の医療機関が含まれているのかは現時点で不明です。

 その上で、厚生労働省医政局長が17日に都道府県知事に発出した文書を見ると、厚労省が示した対象病院について以下の要請を国は知事に行っています。

 「各構想区域における地域医療構想調整会議で合意された当該公立・公的医療機関等の具体的な対応方針が、真に地域医療構想の実現に沿ったものとなっているか再検討の上、地域医療構想調整会議において改めて協議し合意を得るよう求めていただきたい。」

 11月県議会で私が指摘をしたように、これまでの地域医療構想調整会議の中で、厚労省が対象とした公的病院の病床数の協議はほぼ終了しています。

 厚労省は、その上で、対象病院をあげ、更なる再編統合の議論を再度行えと指導してきているのです。

 再検証の期限になどついて、厚生労働省は、「改めて通知する」としています。

 厚労省は、再編統合しない場合は、今年3月、する場合は今年9月までに結論を出すよう求めていました。

 この期限をどうするのか厚労省は、明確に示さず、「改めて通知する」としています。

 12月県議会までに、全国15道県でこの問題に関する「意見書」が採決されていることが、愛知社会保障協議会の調査で明らかになっています。

 内容は、①慎重審議②結論の時期を柔軟に③財政措置を含む支援策の強化等を求めるものとなっています。

 関西以西では、徳島県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県で「意見書」が採決されています。

 厚労省は、国民の不安の声に答え、再編統合病院名の公表を撤回すべきです。

 公的病院再編統合対象病院が増え440となりました。皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

小泉環境大臣が石炭火力見直しに言及

  今朝のしんぶん赤旗「日刊紙」は、小泉環境大臣の石炭火力発電所の発言について次のように報じています。

 「国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25、昨年12月)で石炭火力発電推進が厳しい批判を浴びた日本政府-。小泉進次郎環境相が21日の会見で、日本の政府系金融機関が融資を検討しているベトナムの火力発電所建設計画に疑問を呈し、波紋を呼んでいます。石炭火力は温室効果ガスの排出量が際立って高く、国連のグテレス事務総長は固執する国を『石炭中毒』と批判しています。安倍政権は、石炭火力をエネルギー基本計画で『ベースロード電源』と位置づけ、輸出も『積極的に推進する』と明記。ただ、輸出には、日本企業が得意とする世界最新鋭の超々臨界圧(USC)以上の発電設備であることなど、4要件を定めています。小泉氏は会見で、ベトナムのプロジェクトは米中の企業が建設を受注すると見込まれており、4要件の観点からも『おかしい』と指摘。4要件についても『(見直しは)不可欠』と述べました。国際社会の批判の高まりを前に、一定の見直しに言及せざるを得なくなった形です。」

 小泉氏の発言を受けて、気候ネットワークなど日本の環境5団体は21日、「小泉環境大臣によるベトナム石炭火力案件に関する問題提起を歓迎 日本政府は早急に海外への石炭火力発電支援を停止すべき」との声明を発表しました。

 声明は以下の内容です。

 「私たち環境NGO5団体は、気候危機が深刻化し、緊急の気候変動対策が求められる中、小泉環境大臣が日本による海外石炭火力発電への公的支援の問題に踏み込み、疑問を呈したことを歓迎する。ブンアン2石炭火力発電事業に携わる国際協力銀行(JBIC)及び全ての民間事業者・金融資機関は本案件への投融資の中止を速やかに決断すべきだ。また、従来の方針についても見直しが求められることは明らかであり、今後、小泉環境団人が率先して、パリ協定と整合する政策改定を主導していくことを期待する。」

 「おりしもオーストラリアが大規模森林火災に見舞われ、日本を襲った大型台風も記憶に新しい。2020年は京都議定書が終了し、パリ協定が始動する年でもある。日本の官民は、フンアン2石炭火力発電事業及びビンタン3石炭火力発電事業、そしてその他の新規の石炭火力発電事業からの投融資撤退を一刻も早く決定すべきだ。もう新規の石炭火力発電所を建設しているような場合ではなく、どのように既存の発電所を閉鎖し脱炭素を実現していくか、真剣に取り組まなければいけない時にきている。日本政府が海外で支援を続けている建設中の石炭火力発電事業についても、相手国の温室効果ガスの排出をロックインしてしまう前に見なしを進め、支援を停止すべきだ。」

 私も日本が脱炭素の立場に立つべきだと痛感します。

 日本は、石炭火力の国内での新設をやめ、石炭火力の輸出をやめるべきだと痛感します。

 それが、日本が国際社会に対して取るべき最良の道だと思います。

 皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

「イージス・アショアを追う」読書ノート①

 日本共産党第28回党大会の会場で、秋田県委員会書記長さんにお会いして、秋田魁新報取材班編「イージス・アショアを追う」という本が出版されていることを知りました。

 早速、注文して、昨日、私の手に届きました。

 秋田魁新報社長・佐川博之さんの「はじめに」は圧巻です。

 「そもそも、なぜ配備候補地が秋田と山口なのか。だれもが感じる率直な疑問に対する防衛省側の説明は『日本全土を守ることができるから』など歯切れが悪いものでした。『首相と官房長官の出身地ならば、配備計画が安易に進むとみたのではないか』。そんな憶測も飛び交う始末です。そのころ講演のため秋田市を訪ねたある元防衛官僚がこんな指摘をしました。『北朝鮮の標的はあくまでも米国。位置関係からして、秋田はハワイの、山口はグアムのそれぞれの米軍基地を守るための最適候補地なのでしょう』。すとんと腑に落ちる指摘でした。」

 「だがそれば事実だとして、取材活動の拠点を秋田に置く自分たちが、日米安全保障の下、国家間で取り決めた事項の真相にどこまで迫れるだろうか。記者たちが言い知れぬ戸惑いや不安を覚えていたのは事実です。そんな記者たちを後押ししたのが、学校や福祉施設が立ち並ぶ住宅街に隣接している土地が、配備候補地の適地であるわけがない、というゆるぎない信念でありました。」

 「秋田魁新報社はことし2月に創刊145年を迎えました。明治7年創刊の遐邇新聞が前身ですが、その後、『秋田日報』『秋田新報』『秋田民報』など題字を次々に変えた歴史があります。それは官権力による発行停止処分、すなわち言論弾圧との闘いの歴史でもありました。社是は『正を蹈んで懼るる勿れ』。自ら正しいと信じるものであれば、何も恐れず果敢に挑めという、戒めでもあります。編集現場に限らず全社員が胸に刻んでいます。」

 「イージス・アショア配備をめぐる『適地調査、データずさん』のスクープと一連の報道』は、昨年9月、2019年度新聞協会賞に選ばれました。

 新聞協会の選考理由は次の通りです。

 「秋田魁新報社は、ミサイル迎撃システム『イージス・アショア』の配備候補地選定を巡る防衛省の調査報告書に事実と異なるデータが記載されていることを、2019年6月5日付1面で特報した。調査書を丹念に読み込む中で浮かんだ地形断面図への疑問から、独自調査を重ねて事実を明らかにし、防衛省の配備計画のずさんさを暴いた。この特報により、防衛省が調査の誤りを認め大臣が謝罪するとともに配備候補地の再調査にもつながった。地元新聞社が国家の安全保障問題に真正面から向き合い、1年余りの多角的な取材・報道の蓄積をもとに、政府のずさんな計画を明るみに出した特報は、優れた調査報道として高く評価され、新聞協会賞に値する」

 「自らが正しいと信じるのであれば、何も恐れず果敢に挑め」の社是が、今回の新聞協会賞受賞に結びついたのでした。

 佐川社長の「はじめに」は、「だれもが情報を自在に受発信できるSNS隆盛の時代にあって、新聞など紙媒体の衰退が叫ばれています。しかしながら、新聞情報の正確さは何ものにも負けないという自負があります。新聞記事は憶測や根拠なき伝聞を徹底排除し、自らが見聞きし、掘り起こした事実の積み重ねで成り立っています。本書から、そんな仕事に打ち込んでいる記者たちの息遣いとともに、地方新聞記者の情熱や気概といったものを、少しでも感じていただければ幸いです。」

 本書には、記者の部署や実名が明記され、情報を整理する息遣いが伝わる記述となっています。

 2017年にアメリカで製作された「記者たち 衝撃と畏怖の真実」という映画を思い出しました。

 この映画は、「ナイト・リッター」という決して大きくない新聞社が、イラク戦争の真実を暴露していく物語です。

 この映画は、真実を追う記者の息遣いが伝わる作品です。

 映画での「ナイト・リッター」の記者たちの姿は、「イージス・アショアを追う」秋田魁新聞の記者たちの姿そのものです。

 「イージス・アショアを追う」は、優れたドキュメンタリー小説とも言えます。

 引き続き、秋田魁新報取材班編「イージス・アショアを追う」から学んでいきたいと思います。

 

2020年度予算要望を行う

 日本共産党山口県委員会(佐藤文明委員長)と日本共産党山口県議会議員団(木佐木大助団長)は、21日、村岡嗣政県知事に対し「2020年度山口県の施策並びに予算編成に関する申し入れ」を行いました。

予算要望(2020年度)

  村岡知事に予算要望を行う(右端が私)

 要望項目は、全部で542項目です。そのうち新規は95項目、一部新規は26項目です。
 申し入れには、佐藤文明県委員長、河合喜代県副委員長、木佐木大助県議団長、藤本一規県議団幹事長が参加しました。
 佐藤文明県委員長は、「安倍政権足下の山口県で、米軍岩国基地の拡大強化、萩市へのイージス・アショア配備計画の推進、山陽小野田市への宇宙レーダー基地の建設など軍事基地化が進んでいる。知事として、県民の安全・安心を守るために国にもの申してほしい」と述べました。
 重点予算要望は4点です。第一は、乳幼児医療費助成制度を『子ども医療費助成制度』に発展させる。第二は、地域医療構想にもとづく公立病院の再編統合について、撤回を求める。第三は、県が行財政改革の一環として、市町への譲渡や廃止を検討している県有12施設については、現状のまま存続させる。第四は、予算編成過程の透明化と県民の意見を反映させる、です。
 村岡嗣政知事は県有施設の見直しについて「市町と協議している。一方的に見直すことは考えていない。」などと答えました。