月別アーカイブ:2019年1月

六代目 三遊亭圓生

 「落語 昭和の名人 極めつき」の第二巻は、六代目 三遊亭圓生さんです。

 志ん生の巧さとはまた違う、圓生は、流れるような巧さです。

 志ん生より10歳若いが、9歳から落語家を始めた圓生の芸歴は、志ん生と同じ位ですね。

 志ん生と圓生の共通点は、戦中、満州に一緒に慰問に行っていたことでしょう。

 戦後の数十年は、この二人が落語界をけん引したことは間違いありません。

 今回収録されているのは、「木乃伊取り」「三十石」「紀州」

 木乃伊取りは吉原が舞台、三十石では、関西が舞台。江戸時代の様子が目の前に現れるようです。

 三十石では圓生の見事な舟歌が聴きどころです。

 「紀州」は、徳川の8代将軍を選ぶ様子が描かれています。

 歴史的出来事は正確に表現しながら、見事な落語に仕上がっています。

 マガジンには、「圓生百席」というレコードを制作したプロデューサーだった京須さんが、登場します。

 日本の話芸がレコード化された第一号が圓生さんです。

 圓生さんはレコーディングで、京須さんにこう言ったとあります。

 「わたくしとあなたとは随分齢が違いますが、仕事の上で遠慮をされたんでは困ります。かまわず悪いところは悪いとおしゃってくださいまし。演者と聴き手は立場が違うんですから」

 圓生さんは、寄席と違い一人でじっくり聴くレコード用に語り方を変えたといいます。

 そして、納得いくまで何度も演じ直したと言います。

 これぞプロ中のプロです。「圓生百席」是非聞いてみたいと思います。

 志ん生もいいが、圓生もいいですね。惚れ惚れします。

 そして落語という話芸の奥深さを痛感する今日この頃です。

 次回は、六代目 柳家小さんです。

 この方の落語は、テレビで、小学生の頃、聴いた記憶があります。

 六代目 三遊亭圓生ファンの皆さん お好きな題目をお教え下さい。

かえる通信No46(2019年2月1日)

県政を暮らしまもる「防波堤」に

 

知事に「日本共産党の提言」を渡す

 

 1月18日、日本共産党山口県委員会(佐藤文明委員長)と日本共産党山口県議団(木佐木大助団長)は、村岡山口県知事に対し「2019年度山口県の施策並びに予算編成に対する『日本共産党の提言」を提出しました。 提言は、10分野82項目です。その中から次の5つの点を重点要望としました。
 ①子どもの医療費助成制度の対象年齢を中学校卒業まで広げるとともに、所得制限をなくし、市町の取り組みを支援する②国民健康保険会計に一般会計から繰り入れし、保険料を軽減する③防災予算を抜本的に増やし、土砂災害危険個所における土砂災害防止施設の整備を積極的にすすめる④若者の県内定住を支援するため、奨学金の返済制度を持つ中小企業に助成金(一人最大20万円、企業、県が折半)を支援する制度を創設する(広島、岡山両県が実施済み)⑤すべての公立小中学校で30人以下学級を実現する。
 村岡知事は、子どもの医療費助成制度の拡充については「遜色ない水準」との見解を繰り返し、災害に対する予算の確保について村岡知事は「着実に予算確保を行う」考えを示しました。
 藤本前県議は、30人以下学級の拡充について「山口県は、小学校1年生の一部で、30人以下学級を実現している。『小一プロブレム』と同様『中一ギャップ』への対応が重要。」と要望しました。30人以下学級の拡充に関して村岡知事は、「拡充すればいいことは理解できる」との考えを示しました。提言の中で、宇部市関連では山口宇部パワー(石炭火力発電所)計画の撤回を要望しています。

知事交渉

 左端が村岡知事。右から二人目が藤本前県議

 

新春のつどいに200人

 

 1月27日本共産党宇部市後援会主催の「宇部市新春のつどい」が宇部市総合福祉会館で行われ、約200名が参加しました。
 宇部市長のメッセージ紹介に続き、宇部地域労連、医療生協健文会、全建総連建設山口宇部支部の方からの挨拶のありました。
 社会民主党、立憲民主党からメッセージが紹介され、上関原発を建てさせない山口県民集会実行委員会と9条の会うべから連帯あいさつがありました。
 その後、宇部市議候補と県議候補の私が決意表明を行いました。
 二部では、長州南蛮連のよさこいや各後援会からの出し物が行われました。

宇部市新春のつどい

左から浅田、藤井、藤本、荒川、時田の各候補

 

春をよぶくすのきの集い

日時 2月24日(日)午後2時~
場所 吉部ふれあいセンター多目的ホール
記念講演 仁比そうへい参議院議員 
◇藤本かずのり前県議もお話します。
◇藤井たけし宇部市議が司会を務めます。

主催 日本共産党 藤本かずのり事務所

 宇部市大小路3-1-46 0836-39-6918

 藤本携帯 090-3747-2855

 

一気

 

韓国の映画「1987、ある闘いの真実」を観ました▼チョン・ドゥファン大統領による軍事政権の時代、国民の自由と平和は脅かされました。1987年、ソウル大学の学生が、取り調べ中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表しますが、裏情報をつかんだ新聞が『拷問中に死亡』とスクープし、大騒動へと発展していきます▼映画のパンフレットの中で、ジャーナリストの金平茂紀さんは、「現代史に向き合う国がある。その一方で、現代史から目を逸らす、あるいは、現代史を見て見ぬふりをする、さらにはウソの歴史をでっちあげ改ざんする国がある。」と書いています▼70年前に日本でも権力による拷問で戦争に反対した青年が殺される出来事が起きました。安倍首相によるファシズムへの国家改造の野望を許してはなりません。日本の命運のかかった今年の連続選挙を闘う候補者として決意を高めた映画でした。

商社「脱石炭」の波

 29日の読売新聞は、「総合商社が、地球温暖化への影響が懸念される石炭関連事業から撤退や縮小を加速させている。伊藤忠商事は、火力発電の燃料に使われる「燃料炭」の権益を新たに取得しない方向で検討に入った。金融機関や投資家が、環境に配慮している企業を選んで投資する『ESG投資』の取組みを強めているためだ。ただ、国内では火力発電所を中心に石炭への依存度が高く、安定した供給をどう図るかが課題となる。」と報じました。

 28日のしんぶん赤旗日刊紙は、「ドイツ政府が設置した『石炭委員会』は26日、石炭火力発電を2038年までに全廃すべきだとの結論で合意しました。地元メディアが報じました。政府はこれに基づき政策を決定します。ドイツは22年までの脱原発も決めており、合計で約5割の発言源を代替するエネルギーの確保が必須となります。世界有数の石炭埋蔵量を持つドイツにとって、脱石炭は政策の大転換。委員会は石炭依存度が高い西部ノルトラント・ウェストファーレンなど一部の州に対し、雇用対策などのため連邦政府が20年間で計400億ユーロ(約5兆円)の補助をすべきだと提言しました。また、電気料金の上昇で消費者や企業に負担がかからないようにするための補助金も必要だとしました。脱石炭は欧州に広がっており、フランスは21年、英国は25年までの廃止を掲げています。」と報じました。

 今、世界で、「脱原発」と同時に「脱石炭」の流れが加速してることが分かります。

 このような中、徳山下松港と宇部港は、国際バルク戦略港湾に指定され、石炭の大量一括輸入を進めるため、ケープサイズの船が入港できるように、水深の深い航路・泊地・埠頭の整備に巨額をかけとうとしています。

 更に、山口宇部パワーが新たに石炭火力発電所を宇部市内に建設しようとしています。

 国際バルク戦略港湾に指定されたことを受けて、山口県は近く、宇部港長期構想を明らかにしようとしています。

 石炭の大量一括輸入を前提にして、新沖の山地区に水深の深い航路・泊地・埠頭の整備を進める方向は見直しが求められるのではないでしょうか。

 金融機関や投資家が環境に配慮している企業を選んで投資する時代に、世界が「脱石炭」に動く時代に、石炭の大量輸入を前提として計画は大幅に見直す時です。

 更に、「脱石炭火力発電」の時代に、宇部市に新たな石炭火力発電所の建設は必要ありません。

 宇部港で石炭の大量輸入のための大型開発が進められようとしています。

 宇部市に石炭火力発電所が建設されようとしています。

 皆さんはこの問題をどのようにお考えですか。

 ご意見をお聞かせ下さい。

世界一すごいストレッチ

 ここ数日、右腕が痛くてたまりません。

 病院に行くほどではありませんが、肩から腕のコリを取りたくて本屋へ。

 坂詰真二さん監修の「世界一すごいストレッチ」を購入し昨日から実践しています。

 選挙が近づき、年明けからダッシュを続けて、体が悲鳴を上げているのでしょう。

 ついつい猫背のまま、日々生活をしている状態の中、肩と腕にコリが溜まっていったのでしょう。

 両手をお尻の前で組み、腕は下げ、首を上げるストレッチが基本なのですが、このストレッチが腕と肩のコリを少しづつ取ってくれます。

 また、体全体の姿勢を良くしてくれる素晴らしいストレッチです。

 その他のストレッチを続けて行い、体の歪みを正し、コリを取り除きたいと思います。

 走りながら、姿勢を整えながら、引き続き選挙に向けてダッシュしたいと思います。

 当面、選挙に向けて、「世界一すごいストレッチ」を続けたいと思います。

 皆さんの健康法をお教え下さい。

 

宇部市新春のつどい

 日本共産党宇部市後援会主催の「宇部市新春のつどい」が宇部市総合福祉会館で行われ、約200名が参加しました。

 宇部市長のメッセージ紹介に続き、宇部地域労連、医療生協健文会、全建総連建設山口宇部支部の方からの挨拶のありました。

 社会民主党、立憲民主党からメッセージが紹介され、上関原発を建てさせない山口県民集会実行委員会と9条の会うべから連帯あいさつがありました。

 その後、宇部市議候補と県議候補の私が決意表明を行いました。

宇部市新春のつどい

左から、浅田、藤井、藤本、荒川、時田の各氏

 以下は、昨日、私が訴えた内容の要旨です。

 ・・・

 宇部市新春のつどいにご参加の皆さん今日は。県議会選挙宇部市選挙区の候補者の藤本かずのりです。

 今年の統一地方選、参議院選挙は、日本の命運のかかった選挙です。安倍首相の「9条を改定し、日本を戦争する国へと改造する」野望を許してはなりません。私を県議会に送っていただく、続く市議会議員選挙で、4名全員を当選させていただく、そして、参議院選挙で、仁比そうへい参議院議員を国会に送り、参議院山口選挙区で市民と野党の共闘の統一候補を国会に送り、一連の安倍政治サヨナラ選挙を勝利させて下さい。

 皆さん、安倍政権のウソと隠蔽の政治がいよいよ鮮明になってきました。

 最大の問題が、厚生労働省が公表した毎月勤労統計の不正問題です。

 勤労統計は、従業員500人以上の全事業所を調査対象としますが、東京都分で2004年以降、約3分の1の抽出調査に切り替えていました。調査結果の数値に大きな影響を及ぼし、雇用保険や労災保険の給付などで膨大な過少給付が生じています。

 この問題を検証する特別監査委員会がまとめた報告書では、「組織的な隠ぺいはなかった」としていますが、24日の衆参両院の閉会中調査で厚生労働省職員が職員を調査していた実態が明らかになり、根本厚生労働大臣は、聞き取り調査をやり直す考えを表明しました。加藤前厚生労働大臣の国会招致も含め国会での徹底的な審議が求められます。

 安倍政権によるウソと隠蔽の毎月統計調査の偽装は許さないという皆さんの声を今度の選挙、大きく日本共産党にお寄せ下さい。

 厚生労働省が公表した毎月勤労統計調査の修正値で、2018年1月から11月の名目賃金と伸び率がすべての月で下方修正されました。これにより、実質賃金の伸びが前年度比でマイナスになる可能性もあります。

 安倍首相は、「5年連続で今世紀最高水準の賃上げ」「戦後最長の景気回復」と宣伝し、「所得の増加」を根拠に消費税を10月に増税しようとしています。実質賃金が伸びていないのなら消費税増税の根拠が崩れることになります。このまま何もなかったかのように消費税増税に突き進むことは許されません。「10月からの消費税10%は中止せよ」の願いを、大きく日本共産党にお寄せ下さい。

 次に、安倍政権の地方こわしを許さない、地方再生の問題を訴えます。

 奈良女子大学の教授である中山徹さんの本に「コンパクトとインバウンドの暴走」があります。まさに安倍政権の「地方こわし」は、コンパクトとインバウンドの暴走です。

 まず、「コンパクト」の暴走です。「コンパクト」とは集約化という意味です。安倍政権によって町も社会保障も集約化されようとしています。

 町の集約化は、立地適正化計画という名で進められています。宇部市でも今年の3月に立地適正化計画が策定される見通しです。都市機能誘導エリアと居住誘導エリカを指定します。これらエリアは、宇部市の海岸地域の集中しており、宇部市北部地域などは、何でもかんでも後回しです。

 その一方で、宇部市は、「宇部新川駅周辺」で再開発事業を計画しています。ふれあいセンター利用料有料化などの一方で、市財政を再開発につぎ込む方向でいいのでしょうか。

 社会保障の集約は、地域医療構想とういう名で進められています。山口県では、2025年までに、現在、2万2273床のベッドを1万5889床、6384床削減する計画です。宇部小野田地域だけでも、1429床のベッドを削減の計画です。宇部・小野田地域だけでも宇部協立病院の10カ所分のベッドを削減する計画です。川上の医療から患者さんを受け皿が不十分な川下の介護や地域や家庭に渡したら、医療難民・介護難民を山口県で生むことは明らかです。

 政府いいなりで、行政サービスの集約を進め、開発にばかり熱心な安倍政権いいなりの山口県・宇部市を転換し、住民の命と暮らしを守るのが今度と選挙です。県議候補・市議候補が全力を尽くします。

 安倍政権の「地方こわし」の二つ目は「インバウンド」の暴走です。インバウンドとは外から中へという意味です。

安倍政権は、「国際競争力の強化」「世界で一番企業が活躍しやすい国」をかかげ、不要不急の大型事業をすすめています。

 山口県内でこれから計画されている大型事業は、下関北九州道路です。

 政府自ら「無駄な事業」と認めた下関北九州道路を山口県と福岡県の政財界で期成同盟会を作って毎年、整備を国に要望しています。ついに、安倍政権の下で、下関北九州道路に調査費が計上されました。2000億円以上かかる下関北九州道路は、きっぱり中止させましょう。

 宇部市に関わる大型事業の第一は、宇部湾岸道路です。860億円かけて、山陽小野田市との堺から宇部興産前までの約4キロが完成しました。計画では、山口宇部道路まで延長する計画です。宇部興産前から常盤小学校辺りまで巨大な道路を建設すれば何千億円かかるか分かりません。宇部湾岸道路の延伸をきっぱり中止させましょう。

 宇部市に関わる大型事業の第二は、宇部港です。現在、東見初地区で、63ヘクタールの埋め立てを406億円の事業費でおこなっています。

 今年度中に、今後30年を見越した宇部港長期構想が策定されます。来年度以降に、15年を見越した宇部港港湾計画が策定されます。

 平成14年に策定した現在の宇部港港湾計画は、平成20年度後半の目標を取扱貨物量3千580万トンとしています。平成28年の実績は、3千087万トンです。現在の港の規模で十分対応できています。

 にも関わらず、これから東見初の第二期工事15ヘクタール154億円と、新沖の山地区に72ヘクタール391億円の埋め立てを行う計画です。

 更に、宇部港長期構想に素案では、宇部港に、ケープサイズの船を下松港の二港目として入港させるとありました。ケープサイズとは、全長270メートル、必要岸壁水深19メートルです。二港目としても水深16メートルは必要です。現在の宇部港の本港航路の水深は13メートルですので、更に、3メートル深い航路と泊地を整備が必要です。それを新沖の山で行う素案になっています。

 新沖の山の埋め立て面積は、先ほど述べた通り現在、72ヘクタール391億円とされていますが、素案は、海面処理用地が明記され、埋め立て面積がほぼ倍になった計画になっています。単純計算で、埋め立て面積150ヘクタール800億円の計画をすすめようとしています。

 世界のばら積み貨物船の数は6224隻。その内、全長270メートルのケープ級の船は10%。つまり600隻程度です。徳山下松港と宇部港は、国際バルク戦略港湾に指定されました。国交省は、宇部港を含む全国13港を指定し、それぞれ、巨大なばら積み貨物船の入港を見込み、水深の深い埠頭を整備しています。まさに、世界で数百隻の巨大タンカーを目当てに、国際競争力の名で、宇部港に巨額の県民のお金をかけて整備する必要があるのでしょうか。

 インバウンド=外から中へよりも、そこに住む人たちの福祉向上のために税金を使うことこそが、自治体本来の役割ではないでしょうか。

 県議会議員選挙では、国民健康保険の世帯当たり1万円引き下げと中学校卒業するまでの医療費の無料化を提案しています。この両方行う財源は、1年間で32億円です。

 不要不急の宇部港新沖の山地区の開発約800億円をやめれば、単純計算で25年間、国民健康保険料の1万円引き下げと中学校卒業まで医療費の無料化を行うことができます。

日本共産党の躍進で、住民が主人公の山口県と宇部市を作っていきましょう。県議選・市議選でのお力添えを重ねて訴えて私の訴えを終わります。

・・・

 二部では、長州南蛮連のよさこい各後援会からの出し物が披露されました。

 最後に、私が司会をつとめ、くじ引きを行いました。

 参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

1987、ある闘いの真実

 韓国の映画「1987、ある戦いの真実」を西京シネクラブの上映会で観ました。

 度肝を抜かれるとは、この映画の事だと思いました。

 ぜひ多くの方に観ていただきたい映画です。

 「チョン・ドゥファン大統領が、軍事政権という名の巨大なハンマーで、国民の真の自由と平和を叩きつぶし続けていた。我慢も限界に達した人々から、民主化を求める声が沸き起こり、正義と希望に燃える学生たちも立ち上がり始めた。」

 映画のパンフレットの中で、当時の時代状況をこう書いています。

 「1987年、ソウル大学の学生が、取り調べ中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表するが、裏情報をつかんだ新聞が『拷問中に死亡』とスクープし、大騒動へと発展していく。」

 映画のパンフレットの中で、映画が扱っている物語をこう書いています。

 ジャーナリストの金平茂紀さんが、「2017年に堰を切ったように韓国から出現した『タクシー運転手』『共犯者たち』そして本作『1987・・・』を前にして、僕はむごいこの国の現実に立ち尽くす。そしてちからをもらったことを自覚する。現代史に向き合う国がある。その一方で、現代史から目を逸らす、あるいは、現代史を見て見ぬふりをする、さらにはウソの歴史をでっちあげ改ざんする国がある。目の前で進行している、為政者や力を行使する者たちの(理不尽)に対して、(抗う社会)がる。一方で(おもねる社会)がある。元も子もない言い分かもしれないが、日本で暮らしている僕らは、『1987・・・』や『共犯者たち』に釣り合う作品を本当はつくり上げていかなければならないのではないか。もっと言えば、それを生み出せる条件を構築hしていかなければならない。さて、具体的に、何をどうするか。答えは映画をみた人がひとりひとり考えるしかない。だが確実にできることがあるはずだ。2018、ある闘いの真実をこそ・・・。」

 そうです。「2019、ある闘いの真実」を見せる時です。

 私は、統一地方選挙の日本共産党の候補者として、力を尽くす勇気をこの映画から受けました。

 政治の理不尽に抗して県民が輝く社会を作っていくために力を尽くし決意です。

 「1987、ある闘いの真実」ご覧になった皆さん、感想をお聞かせ下さい。

 西京シネクラブの関係者の皆さん、すばらしい映画をありがとうございました。

 

 

1 / 612345...最後 »