新着情報

安全性確保対象バス停県内で43カ所

 国土交通省は、バス停留所のさらなる安全性確保のため、警察や自治体、バス協会、路線バス事業者とともに都道府県ごとに「バス停留所安全性確保合同検討会」を設置し、対策の検討を進めています。
 山口県でも中国運輸局山口運輸支局が事務局となり「バス停留所安全性確保合同検討会」(以下 合同検討会)が開催されています。
 県からは、交通政策課、道路整備課、道路建設課、県警の担当者が合同検討会にメンバーとして参加しています。
 検討会では、山口運輸支局がとりまとめた抽出リスト(優先度判定前)を合同検討会の関係者間で共有し、安全上の優先度の判定の判定を実施しました。
 昨年12月25日、県内のバス停の安全性確保対象バス停留所の数が公表されました。
 Aランクは、①過去3年以内に停車したバスが要因となる人身事故が発生しているバス停留所②バスがバス停留所に停車した際に横断歩道にその車体がかかるバス停留所です。
 Aランクのバス停留所が県内5カ所あることが公表されました。事業者名とバス停名と安全対策の実施状況を報告します。
 Aランクのバス停留所は、①いわくにバス・岩国市山手3丁目(千石原方面)・検討中②船木鉄道・山陽小野田市赤崎神社(本山方面)・移動を検討中③サンデン交通・下関市記念公園(唐戸方面)・移設を検討中④サンデン交通・下関市新開町(唐戸方面)高尾線・移設検討中⑤サンデン交通・下関市市民プール(下関駅方面)・移設を検討中
 Bランクは、①Aランク以外で、バスがバス停留所に停車した際に横断歩道の前後5メートルの範囲にその車体がかかるバス停留所②Aランク以外で、バスがバス停留所に停車した際に交差点にその車体がかかるバス停留所です。

 Bランクのバス停留所が県内に30カ所あることが公表されました。市町毎に何カ所あるか報告します。
 岩国市2カ所、山陽小野田市9カ所、山口市3カ所、長門市3カ所、下関市2カ所、下松市2カ所、周南市2カ所、防府市1カ所、萩市1カ所、宇部市5カ所

 それぞれ、移設などが検討されています。

 Cランクは、①A又はBランク以外で、バスがバス停留所に停車した際に交差点の前後5メートルの範囲にその車体がかかるバス停留所②A又はBランク以外で、地域住民等の意見や各都道府県の実情に応じて抽出したバス停留所です。

 Cランクは、県内に8カ所あることが公表されました。市町毎に何カ所あるか報告します。

 長門市1カ所、下関市3カ所、周南市2カ所、宇部市2カ所です。

 それぞれ対策が検討されている最中です。

 合同検討会でのとりまとめの公表を受けて、山口運輸支局とバス事業者は、関係行政機関と連携しながら、安全上の優先度を判定したバス停ごとに、講ずるべき内容、主体党の安全対策を決定します。

 合同検討会は、バス停ごとに検討され、現場から報告された対策内容を確認し、各バス停ごとに講ずる安全対策の内容を今後公表することになっています。

 以上、詳しくは、中国運輸局のホームページに詳しく掲載されていますので、参照下さい。

 今後公表される各バス停の対応方針を注目したいと思います。

 危険なバス停が精査され、改善されようとしています。この問題に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

かえる通信No70(2021年2月1日)

 藤本かずのり県議会だより(かえる通信)No70 2021年2月1日号をアップしました。

 下線部分をクリックしていただいたら、PDF版がアップします。

かえるNo70

厚労省が高齢者施設等へ「社会的検査」進める要請行う

 昨日、「市民連合@やまぐち」の総会と意見交換会が行われました。
 県内小選挙区から野党候補として立候補を予定している方々の挨拶が行われました。
 山口3区から立候補予定の坂本史子さんが挨拶の中で、厚労省が1月22日に発出した「医療機関・高齢者施設等における無症状者に対する検査方法について(要請)」の内容を取り上げておられました。
 まさに、山口県内の医療機関・高齢者施設等でクラスターが相次いで発生している今、山口県は、この要請を積極的に取り入れる時だと思います。
 要請は、「新型コロナウイルス感染症に関する高齢者施設等への検査については、これまでも『高齢者施設等への検査の再徹底等について(要請)』(令和2年12月25日付け事務連絡)などにより、高齢者施設等の入所者や従事者に対する検査やクラスターが発生している地域における感染が生じやすい場所・集団等に対する検査について、積極的な実施をお願いしているところです。今般、こうした検査を実施する際の検体プール検査法や抗原簡易キットの取扱い等をお示ししますので、これら検査方法による実施も含め、下記のとおり、一層の取扱を推進いただきますようお願いいたします。」としています。
 要請は、「感染者が多数発生している地域やクラスターが発生している地域においては、感染者が一人も発生していない施設等であっても、その期間、医療機関、高齢者施設等に勤務する者、入院・入所者全員を対象に、いわば一斉・定期的な検査の実施を行うようお願いしており(9月15日付け事務連絡、11月16日付け事務連絡)、特に直近1週間で中規模以上のクラスターが複数発生している地域では、11月20日付け事務連絡で示した優先順位も踏まえて、高齢者施設等やクラスターが発生している地域に存在する、感染が生じやすく(三密環境等)、感染があった場合に地域へ拡大しやすい(不特定多数との接触)場所・集団に積極的な検査を実施することについて、取組の徹底を図ること。(11月20日付け事務連絡関係)」としています。
 要請は、「費用負担については、通常の行政検査と同様となります。」としています。
 宇部市の医療施設のクラスター発生を受けて、現在、県は、療養病床等を持つ約100の県内医療機関全ての実地検査を緊急実施しています。その上で、感染の可能性のある施設に対し速やかにPCR検査を実施するとしています。
 県は、実地検査を通じ、1月22日の厚労省の要請を受けて、感染者が一人も発生していない施設等に対して、積極的にPCR検査を実施すべきです。
 1月24日のしんぶん赤旗日刊紙は、鳥取県が社会的検査を実施すると次のように報じました。
 「鳥取県の平井伸治知事は21日、記者改憲を開き、新型コロナ感染増大地域でPCRの社会的検査を行う方針を明らかにしました。平井知事は、特定のグループで、ウイルス量が多い(感染力が強い)感染者が複数人発生した場合、感染増大警戒情報を発令し、住民に感染予防対策の徹底を呼びかけるとともに、その地域での医療機関・福祉施設の従事者、利用者に対し、広く行政検査(全額県費)を行うと発表しました。」
 1月18日、日本共産党山口県議団は知事への予算要望の中で「医療機関、介護施設など、クラスターが発生すると多大な影響が出る施設等への『社会的検査』を行う。」ことを求めました。
 前述したように、県が、県内の医療機関への実地検査を行っていることは評価しますが、その中で、PCR検査を積極的に実施することを要請します。
 同時に、山口県は、感染リスクの高い施設等へ定期的な「社会的検査」を行う方針を持つことを要請したいと思います。
 厚労省は、医療機関・高齢者施設等への「社会的検査」の実施を進める要請を都道府県に行いました。皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

山口県直近値が国・県の指標で4つが「ステージ3」

  新型コロナウイルス感染症の感染者数が1月23日現在で1077人になりました。山口県は明らかに感染拡大期にあります。
 厚生労働省は、1月19日時点の都道府県の医療提供体制等の状況を明らかにしました。国の指標から山口県の感染がステージ3(感染急増)に到達し、ステージ4(爆発的感染拡大)に近づいているものを見ていきたいと思います。
 まず、確保想定病床利用率です。20%以上がステージ3。50%以上がステージ4です。山口県は、前回より9.9ポイント増の41.8%となりました。山口県の病床のひっ迫状況は、ステージ3を超え4に近づきつつある状況です。
 次に、人口10万人当たりの療養者数です。15以上がステージ3。25以上がステージ4です。山口県は、前回より11.1増の22.1となりました。療養患者数の状況もステージ3を超え4に近づきつつあります。
 次に、人口10万人当たりの直近1週間の陽性患者数です。15以上がステージ3。25がステージ4です。山口県は、前回より9.7%増の17.38となりました。陽性患者数の状況もステージ3を超えました。
 次に、直近1週間とその前の1週間の比較です。1を超えるとステージ3です。山口県は、前回より0.76増の2.27でステージ3です。秋田県の2.40に次いで全国2位の多さです。山口県は全国トップクラスで直近の1週間に感染が拡大していることが分かります。
 山口県は、厚生労働省が示した6つの指標の内、4つでステージ3に到達しています。
 次に、山口県の「新型コロナウイルス感染症に係る対処方針」に基づく、県独自の指標にから、ステージ3(感染急増)に到達し、ステージ4(爆発的な感染拡大)に近づいているものを見ていきたいと思います。
 まず、稼働病床数です。105床から210床がステージ3。211床以上がステージ4です。現状値は177床(1月19日時点)であり、ステージ3を超え、ステージ4に近づきつつあります。県の指標でも病床のひっ迫状況は深刻です。
 次に、療養患者数(入院患者数・宿泊療養者数等を合わせた数)です。ステージ3は200人~399人。ステージ4は340人以上です。直近値は299人(1月19日時点)であり、ステージ3に達しています。
 次に、直近1週間の新規感染者数です。200~339人/週がステージ3。340人以上がステージ4です。現状値は244人(1月13日~1月19日)であり、ステージ3に達しています。
 次に、直近1週間の新規感染者数の増加比です。直近1週間がその前1週間より多い(1.0超)場合はステージ3です。現状値は2.3(1月13日~1月19日)であり、ステージ3に達しています。
 山口県が独自に示した7指標のうち、4指標がステージ3に達しています。
 知事は、一日当たり最多の88人の感染者が発生した1月18日に記者会見を行い、確保病床を50床増床することを明らかにしました。
 一方、県内での感染拡大のステージについては次のように発言しました。
 「これまで、数字としては、『ステージ2』の中にいたというところですが、今回、感染者が増えたことによりまして(中略)『ステージ3』を超えている数字が出てきております。」「今日のこの数字をもって、ステージ3になったというところではなくて、これは感染者の状況も1週間の状況等を観ながらですね、見ていかなければならないというふうに思います。」
 知事は、このように、1月18日の時点で、「ステージ3」を超えている数字が出ているが、県全体が「ステージ3」の段階にあるとは認識していないとの見解を示しました。
 私は、直近1週間の新規感染者の増加が全国トップクラスであることを県は再認識しなければならないと思います。この数字は1月13日~1月19日までの数字です。県内で、1月18日に88名の過去最多の患者数でした。この週に発生したクラスターに対する検査が進み、1月19日以降も毎日2桁の患者が県内で発生している状況です。
 県独自の指標でも4指標が「ステージ3」に到達した今、県の「未だステージ2」との認識を再検討する時だと思います。そして、県は、網羅的に社会的にPCR検査を抜本的に増やすなど感染拡大防止対策を強化する判断を下すときだと思います。 

宇部市教育委員会も感染レベル2での対応を保護者に周知

 宇部市教育委員会は、21日、保護者に対して「宇部市立小・中学校の新型コロナウイルス感染症に係る対応について」とする文書を発出しました。
 宇部市教育委員会の文書は次のように書いています。
 「文部科学省は『学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル』において、地域の感染レベルを3段階に分けて感染症予防の対応を示しています。この度、山口県教育委員会では、地域の感染状況をみて、令和3年1月21日から感染レベルを2に引き上げる判断をしました。宇部市教育委員会では、これまでも各校で感染防止対策の取組を行ってきましたが、更なる対応が必要になりましたので、衛生管理マニュアルに基づき、以下の対応を併せてとることとしました。」
 宇部市教育委員会は具体的に次のように示しています。
1、学校生活
 (1)登校について
  〇 登校前に、これまで通り検温等を行い、必ず健康チェックカード(名称は学校で異なります)にご記入く  ださい。また、同居のご家族の健康状態についてもご記入をお願いします。
  〇 お子さんに発熱等の風邪症状がある場合には、自宅で休養させてください。同居のご家族に風邪症状が 

   見られるときにも登校を控えてください。(いずれも欠席扱いにはなりません)
  〇 教室内に入る前に健康チェックカードを回収し、同居のご家族の健康状態も含めて確認を行います。
 (2) 授業について
  〇 感染症を予防するため、児童生徒の「接触」「密集」「近距離での活動」「向かい合っての発声」につ 

   いて、可能なものは避け、一定の距離を保ち、同じ方向を向くようにし、また回数や時間を絞るなどして慎

   重に実施していきます。
  〇 児童生徒同士が物の貸し借りをしないようにします。
  〇 体育の授業は、当面の間地域の感染状況をみながら可能な限り屋外で実施します。
  〇 体育の授業においてマスクの着用は必要ないと言われていますが、児童生徒の間隔を十分に確保するよう

   にしていきます。

 (3)部活動について

  〇 地域の感染状況をみながら可能な限り感染症対策を行った上で、実施を検討していきます。密集する運動

   や近距離で組み合ったり接触する場合が多い活動、向かい合って発声したりする活動の実施は特に慎重に検

   討します。

  〇 対外試合(練習試合を含む)は当分の間、原則中止とします。

 2 県外への移動

  〇 緊急事態宣言が発令された地域への不要不急の移動については、やむを得ないものを除きできるだけ控え

   てください。その他県外への移動についても慎重にご判断ください。

  〇 県外への移動をされたときには、帰県後2週間は検温等体調管理をお願いします。また、体調が優れないと

   きは登校を控えるようご配慮ください。
 ・・・

  県内での感染拡大の状況をうけて、確保病床利用率などは、新型コロナウイルス感染症分科会提言のステージ3に該当する状況になっています。

 今後、文科省の「学校の行動基準」の「身体的距離の確保」は、レベル2までは1メートルを目安としていますが、レベル3では「できるだけ2メートル程度」としています。

 今後の感染拡大を受けて、仮に県教委が更にレベルを上げる判断をした場合、学級を分けるなどの対応が求めるられます。

 「新しい生活様式」を踏まえた学校での活動を保障していくためにも、早期に少人数学級に踏み出す必要があります。

 宇部市教育委員会が、県教委に倣い学校の行動基準のレベル2での対応を保護者に周知しました。

 保護者や関係者の皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

ワクチン3月接種開始へ

 昨日、山口県は、新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、県、県医師会、県市長会など9機関が集まり、第一回新型コロナウイルスワクチン接種対策会議を開きました。
 その会議に先立って村岡知事が、記者会見を行いワクチン接種について次のように説明を行いました。
 「国におきましては、2月の下旬までに、医療従事者を優先に、ワクチンの接種を開始ができるように、準備を進めるというふうにされています。接種時期については目安として示されていますけれども、まず、国におきまして、特定の医療機関の1万人程度の医療従事者に対する接種を行うというのが、まず最初に行われます。それがこのスケジュールで言いますと、一番上の部分です。これは国が直接行うもので、1万人程度ということをまず行っていきます。そしてその次に、各県においてということになりますが、医療従事者向けの接種というのが開始をされます。これは県内の医療従事者を対象に、3月から接種を行っていく、そうした予定になっていまして、本県の対象としては、この医療従事者向けで約4万人を予定しています。その後、高齢者、それからさらには、基礎疾患を持っている方から優先的に接種を行って、その後に一般の方々への接種ということが予定されております。そうしたスケジュールで進めることになっています。県としては、ワクチンの速やかな接種を行うことができますように、市町、また医療関係機関としっかりと連携をして、接種予定者リストの作成、またワクチンを保管する冷凍庫の配置箇所の選定などの準備を着実に進めてまいります。このように、今後、ワクチンの接種に向けました具体的な作業が本格化をしてまいります。県として、市町、そして医師会等の関係機関と連携を強くしていくために、「新型コロナウイルスワクチン接種対策会議」を設置をしたところです。この画面にあるとおりですね、県と各市町、それから医師会ですとか、医療関係の各種団体と一緒になって対策会議を設けて迅速に、円滑に接種が行えるように体制を整えていくことにしています。早速、本日の午後、第1回の会議を行いまして、接種の開始に向けまして、情報の共有、今後の準備に向けた協議等を行うことにしていきます。また、本日、健康福祉部内の新型コロナウイルス感染症対策室に「ワクチン接種対策班」、こちらを新たに設置をいたしました。接種計画の策定、ワクチン流通の調整等々の業務の増加に対応するために、円滑な実施に向けた体制の強化を図ったところです。ワクチンにつきましては、今申しましたように市町、また関係機関としっかりと連携をして、安全にも十分配慮した上で、迅速に、そして円滑に接種が行えるように、万全の体制で準備を進めてまいります。」
 昨日、午後に開かれた第一回新型コロナウイルスワクチン接種対策会議で、事務局である県が説明した接種構想について毎日新聞は、次のように報じました。
 「構想によると、県内は2月にワクチン保管用冷凍庫18台が国から送られ、『基本型接種施設』と呼ぶ中核病院18カ所に設置する。基本施設は10日に1000人超へ接種可能な体制を取り、3月中に新型コロナ患者と接する行政職員らを含めた医療従事者の接種を完了する。冷凍庫は6月までに更に87台追加され、基本施設を105カ所に増やす。診療所などの『サテライト型接種施設』も315カ所設けて高齢者や一般人の接種体制を整えるが、開始時期は定まっていない。これに備え、県はこの日、健康福祉部に12人体制の『ワクチン接種対策班』を発足した。」

 昨日の第1回対策会議で、3月から医療従事者からワクチン接種が県内でも始まることが明らかになりました。 

 この問題に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。