月別アーカイブ:2009年6月

一般質問の原稿を書き上げました。

 今朝、一般質問の原稿を書き上げました。県議団事務局で精査して、明日中には仕上がる予定です。

 今議会は、原稿書きの時期と宇部市長選挙が重なり、それなりに大変でした。

 しかし、宇部市政分析に関わったり、市民の方々と対話をする中で、質問が出来上がったところもあります。

 ですから、今回は、売れ残った工業団地の問題、宇部港湾開発の問題、宇部湾岸道路の問題など、宇部市に関係する課題を数多く取り上げることになりました。

 今議会も、県民の福祉向上のために、しっかり役割を果たていきたいと思います。

 さて、数日前から、高校生の時から好きだった「柳ジョージ」を県庁への行き帰りの車の中で聴いています。

 きっかけは、「GMにアメリカが財政支援をする」というラジオのニュースで「キャデラック」という言葉をアナウンサーが喋ったことでした。

 柳ジョージの歌に「キャデラック」という曲があるからです。それから、今持っている30周年の記念アルバムなどを聴いています。

 実は、私は、高校生の時、文化祭に向けてバンドを組んでいて、ボーカルを担当していました。その時に、「さらばミシシッピー」をコピーして演奏していたのです。

 その時には、ハウンド・ドックやツイストなどもコピーしていたのですが、今でも時々思いだして聴くのは「柳ジョージ」です。

 高校生の当時は、渋すぎた曲も、今、聴けば、心に沁みるものばかりです。柳ジョージが分かる年代になったのですね。

 やはり、一番好きなのは、「青い瞳のステラ」。次に、「フォーユアラブ」や「コインランドリーブルース」でしょうか。

 詩に物語がある作品が大好きです。それになんと言っても彼のハスキーな声は最高です。

 彼のウエブサイトを見ると彼はは、1948年生まれで、還暦を過ぎたようです。

 アルバムも出し続けているので、彼の最近の作品を聴いてみようと思います。

 全国の「柳ジョージ」ファンの皆さん、情報をお教えください。

 いかした「柳ジョージ」のメロディーを聴きながら、金曜日の一般質問に力を尽くしたいと思います。

 

厚東川通信No256(2009年7月1日)

宇部市長選挙の結果について

 

2009年6月29日 日本共産党宇部市長選挙闘争本部

 

一、二八日投票でおこなわれた宇部市長選挙は、久保田きみ子氏の当選という結果となり、わが党のごとう博は及びませんでした。
一、今回の市長選挙は、これまでの「保革対立」というわかりやすい構図ではなく、一見「保守」とは一線を画しているような久保田氏とのたたかいでした。そうしたなかで、日本共産党は、1ヶ月足らずの期間でしたが、久保田氏の実績が政策の問題点を率直に指摘し、市政の根本的な転換を訴えてたたかいました。
 その結果、ごとう博への得票が、前回と同程度の一万票をこえることが出来たことは、財政困難を理由に福祉や教育を削るという久保田氏への批判が広がった結果であります。また、「国・県いいなりの市政の根本的転換」などの日本共産党とごとう博の訴えに一定の共感が広がった結果です。
一、日本共産党は、今後も、「住民が主人公」の立場を貫き、議会内外の運動と論戦で、市民のみなさんとともに、公立保育園や学校給食などの公的サービスの維持・充実など市民要求実現のために全力で奮闘します。
 

県福祉医療費助成制度の一部負担金撤回せよと三団体が要請


 六月二四日、山口県腎友会(吉村隆理事長)、山口県社会保障推進協議会(磯野有秀代表幹事)、山口県保険医協会(高橋泰昭会長)の三団体合同で、福祉医療費助成制度の一部負担金導入反対の要請行動が行われました。
 三団体は、県議会に、それぞれが一部負担金導入の反対を求める請願署名を提出してます。三団体が揃って、要請行動を行うことは初めてです。
 まず、知事には、「福祉医療制度への一部負担金導入をやめ、早期に元に戻すこと」を求める要請を行いました。
 対応した藤井厚政課長は、「要望は知事に伝える」としながら「給付と負担のバランスを考え、持続可能な制度維持の観点から一部負担金を導入した」とする従来の答弁を繰り返しました。
 藤本県議は、「県が一部負担金を導入したことによる国保国庫負担減額の緩和される金額はいくらか」質しました。担当者は、「担当する医務保険課から回答させる」と答えました。

09.6.24 001.JPG

要請文を読む山口県腎友会・吉村理事長

 

藤本県議が6月県議会で登壇

 

藤本県議は、7月3日(金)午後11時頃から一般質問を行います。項目は、以下の通りです。傍聴希望者は、藤本生活相談所にご連絡下さい。
1、県が削った福祉・教育を復活させる問題
①福祉医療費助成制度 ②高校生の教育条件整備
2、公社改革について
①土地開発公社 ②やまぐち農林振興公社
3、宇部地域の大型開発について
①宇部港湾開発計画 ②宇部湾岸道路
4、国体について
①競技力向上対策 ②催事について
5、その他

 

一気

私がPTA会長を務める西宇部小学校で栄養教諭から子どもの食生活の話しを聞きました。さまざまな「こ食」が問題だという話です▼まず、孤食(一人きりで食事をすること)。次に、個食(家族それぞれが自分の好きなものを食べること)。次に、固食(自分の好きなものしか食べないこと)。次に、小食(食欲がなく食べる量が少ないこと)。 次に、粉食(パンや麺類中心で粉を使った主食を好んで食べること)。次に濃食(調理済みの加工食品やマヨネーズ・ケチャップなどをかけて味を濃くしないと満足しない)。最後に、コ食(コンビニ食)。孤食のコ。欠食のケ。個食のコ。固食のコ。頭文字を繋げてコケコッコ。先生は「にわとり症候群」と表現します▼孤食が減るように、PTA活動を充実させたいと思います。また、我が家でも、団らんの食事が増えるようにしたいです。

宇部市長選挙終わる

 6月28日投票で行われた宇部市長選挙は、日本共産党のごとう博候補が、10424票獲得しました。

 当選は、元県議の久保田きみ子さんでした。
 当選した久保田市長は、自らのマニュフェストで4年間で40億円の「行財政改革」を掲げいます。

 その中には、「人件費・物件費・補助費等の10%削減」「行政事務を事業評価し、民間開放を促進」など含まれています。久保田市政は、住民に大きな痛みを押し付けるものになりそうです。


 日本共産党は、久保田市政による住民犠牲の政治を転換させるために力を尽くします。

球技大会の夏始まる

 小学生にとっては、球技大会の夏が始まりました。それに応じて親である私たちも忙しい季節となりました。

 今日は、恒例の「際波地区子ども会球技大会」が行われ、PTA会長として開会式に参加しました。

 西宇部校区の球技大会は、7月12日ですが、大字際波の地域(西宇部小学校区全体と厚南校区の一部)の子ども会が集まって毎年、この時期に試合を行っています。

 長男と次男は、ソフトボールに、三男は、ドッジボールに参加しました。ソフトボールは、西が丘・山の手チーム。惜しくも1回戦で敗退したようです。

 コーチの方から「風太(長男)君は上手になったよ」と誉められ、私もうれしくなりました。コーチの方がたに感謝いたします。

 ドッジボールは、西ヶ丘チームで参加しましたが、なんと2位だったそうです。

 子どもにとっては、異年齢での交流が出来て、とても大切な機会です。子どものために親もがんばり時です。

 09.6.28 001.JPG

 左側のオレンジのゼッケンが西ヶ丘・山の手チーム

 

精華学園の開校神事に出席

 本日、精華学園高等学校の開校神事が行われ参加しました。

 精華学園が開校したのは、旧吉部小学校の校舎です。私は、吉部小学校の卒業生です。 

 私は、吉部小学校に、昭和46年に入学し、昭和52年に卒業しました。今日、神事が行われたのは、小学校1年の教室だった場所でした。

 中学校の統合で、吉部中学校の校舎が小学校の校舎になり、小学校の校舎は7年間使われないままでした。

 今日から、旧吉部小学校、私たちが学んだ校舎に息吹が吹き込まれました。

 また、精華学園は、通信制高校です。可能性を閉ざしてしまう多くの方々に、高校卒業資格を与える拠り所となる役割が期待されます。

 懐かしさいっぱいの開校神事となりました。

 09.6.27 001.JPG

 旧吉部小学校が精華学園高校になりました。

戸石川の改修を

 本日、深山堤水利組合の末永組合長の案内で大野市議と一緒に、戸石川の現状を視察しました。

 現場は、完成したばかりの真締川ダムの下流です。ダムには巨費が投じられましたが、わずかばかり下流に行くと、河川の護岸はあちこち崩落したままとなっていました。

 護岸にどんぐりや白かしの巨木が生えていることろもありました。また、古い石橋が崩落したまま放置されているところもありました。

 視察後、県宇部土木建築事務所に出向いて担当者に要望を伝えました。

 まず、河川の崩落の改修については、「年次的に可能な範囲で出来るだけ対応したい」との回答でした。

 次に、巨木の伐採については、「出来るだけ早く伐採できるようにしたい」との回答でした。

 石橋崩落の現場の改修については、「現場を確認し、護岸の改修を出来るだけ早く行えるようにしたい」との回答でした。

 厳しい予算の中ですが、前向きの回答であったと思います。その点では、関係者の方々に感謝申し上げます。

 その一方で、山口県の河川行政が、ダムによる一点豪華主義から、河川全体の治水力を高める総合治水へと転換する必要があるのではないかと感じました。

09.6.26 004.JPG

 小さな護岸の崩落個所が散在していました。

09.6.26 005.JPG

 護岸に生えた白かしが大きく成長していました。

09.6.26 007.JPG

 石橋の崩落箇所。わかりにくいですが橋脚が。

 

1 / 612345...最後 »