新着情報

太極拳と漢字

 日本中国友好協会宇部支部での太極拳教室の準備をすすめています。来年1月から毎週火曜日に午後6時半ころから、場所は、宇部市野球場の貸室で、始められたらいいなと思っています。会費は、1回500円位を考えています。

 先生は、岳さん。中国の女性の方です。詳しいプロフィールは、送っていただくことになっていますが、中国の大会で競技者としてかなり活躍されていた方です。

 今、萩と山口で教室を持っておられますが、宇部市では初めてです。本格的な太極拳が学べると思います。正式な募集は、12月の中旬ころから行う予定です。この件に関するご意見やご要望や入会の予約などを受け付けます。どしどしお願いいたします。

 日中友好新聞に、漢字のクロスワードがあり、私が枕元でやっていると、小学校4年の長男が興味を示してきました。長男が分かったのは、方○、答えは方法。○代、答えは交代。光○、答えは光陰です。辞書とにらめっこしながら取り組んでいます。面白かったのが、○倍○○と所○格○でした。

 最初の答えは、安倍退陣。二つ目の答えは、所得格差でした。クロスワードは、漢字の勉強と子どもとのコミュニケーションに一役買っています。あと3つ穴が埋まりません。図書カードをゲットするために、子どもと一緒に、この土日で完成させたいと思っています。

 我が家は、太極拳教室の準備と漢字クロスワードで、中国モードになりつつあります。

軍需産業と政府・政治家の癒着を解明しよう

 今日の、赤旗日刊紙に米軍需産業主催の会合に、自民・民主の防衛族議員が参加していたことが報道されています。今年4~5月にかけて、自民党と民主党の防衛族議員訪米団が米国を訪れ、昼は、米政府高官、米軍需産業幹部らと防衛政策をめぐるディスカッションに出席し、夜は連日、米軍需産業主催の夕食会が開催されていたということです。訪米したのは、額賀氏(現財務大臣)ら防衛長官経験者、民主党の前原前代表などです。日本側の主催団体は、逮捕された宮崎・山田洋行元専務も理事を務めていた社団法人「日米平和・文化交流協会」です。

 本日、守屋前防衛事務次官と米津山田洋行社長の証人喚問が参議院外交防衛委員会で行われましたが、守屋氏と山田洋行の癒着問題の徹底解明と同時に、軍需産業と政府と政治家の癒着の全容解明が必要です。政治家のかかわりは、民主党議員も例外とせず、解明していくことが求められているようです。

国の仕打ちに怒りの1万人集会IN錦帯橋へ宇部からも行きますよ

 私は、安保条約廃棄宇部地区実行委員会の事務局長を務めています。昨日、宇部市から「国の仕打ちに怒りの1万人集会IN錦帯橋」に参加することを決めました。

 20日に実行委員会を開いて、宇部市からバスを運行する手立てを議論する予定です。宇部市でバスの運行が具体化しましたら、このブログでも報告しますのでご参加ください。

 今、井原市長が提出しようとしている議案が再議できるかどうかが大きな焦点になっています。井原市長が提出しようとしている議案は、市庁舎建設資金を「合併特例債」へ切り替えようとするものです。総務省は、「庁舎建設の起債は、義務的経費に当たらす、再議になじまない」との見解を突然つきつけてきました。地方自治法177条に基づいて、なぜ、このケースが再議になじまないのか、総務省の説明は不十分です。

 これまで、同じような再議が行われ、今回の再議に限って「なじまない」とするのは、恣意的と言わざるを得ません。

 国の岩国市へのやり方は、地方自治の原則を逸脱するものです。「住民が主人公」の立場に立てば、「空母艦載機部隊移転反対」の岩国市民の意思は繰り返し出されているのです。

 国策と違いからと、空中給油機受け入れのための補助金や、米軍再編交付金を支給しないというやり方は本当におかしいと思います。これこそ、中央集権的なやり方であり、地方分権に逆行しています。

 私は、おかしいことはおかしいと言い続けます。何よりも、山口県の平和と安全を孫子に届けるために、1万人集会に、宇部市の仲間と参加したいと思いまう。

厚東川通信No217(2007年11月15日)

第35回山口県赤旗まつりに2500人が参加

 

市田書記局長が大いに語る

 

中林衆院中国ブロック候補も決意表明 

 

 第三十五回山口県赤旗まつりは、十一日、山口市の維新百年記念公園野外音楽堂で開かれ、全県からバスなどで二千五百人が参加しました。まつりでは、一部で、市田忠義書記局長が記念講演。市田さんは、最近の安倍首相の辞任や小沢民主党代表の辞職騒動などにもふれ、「二大政党の正体見たり」と指摘。日本の社会をゆめがている「三つの異常」をわかりやすく解明し、それを打開する綱領が示す新しい日本の展望を話しました。
 また、第一部では、総選挙候補者として吉田貞好さんが決意表明。来年の中間地方選挙候補者が紹介されました。
 第二部では、猿回しなどの楽しい出し物が続き、中林よし子衆院比例中国ブロック候補が決意表明を行いました。最後は、藤本県議が司会を務める福引き抽選会が行われました。

 

DSCN0614.JPG

 

会場を埋めたまつり参加者

 

旧楠町吉部で様々な要望が実現

 

 旧楠町吉部で、様々な要望が藤本県議に寄せられ、実現しています。一つは、県道宇部美祢線の藤ヶ瀬から大棚の間の側溝の清掃についてです。この道路は、側溝がつまり、降雨時、道路に水があふれるという被害が出ていました。この程、側溝の清掃が行われました。
 二つ目は、荒滝川の護岸の改修についてです。コンクリート護岸の内側がえぐられた箇所があり、補修をしてほしいという要望が出されています。該当部分は、県の砂防指定地であることがわかり、藤本県議が県の担当者に尋ねると「来年度の災害復旧事業で行いたい」と答えました。

 

九月議会報告シリーズ④

 

岩国基地埋立問題について

 

 藤本県議は、岩国基地の埋立問題について質問しました。国は、埋立地を利用するため計画書を県に提出します。国は、これまで七回、計画書の変更を県に申請しましたが、米軍再編を受けて、今後、最大級の変更を行う予定です。
 藤本県議は、二つの質問を行ないました。一つは、埋立が完了すれば、国の承認申請は必要なくなるのか。二つ目は、騒音の解消のための沖合い移設が、大規模な部隊の移転を受け、目的が達成できなくなるので、県は不承認にすべきではないかというものです。
 一つ目に土木建築部長は、埋立が完了すれば、公有水面埋立法の適応はないと答えました。二つ目に土木建築部長は、県は国から埋立変更承認申請がされた場合には、法律に基づき適切に対処すると答えました。

 

一気

 

 先日、日本中国友好協会山口県連合会の理事会が行われ、私が理事長に選ばれました。私は、「次回の自らの選挙が終わるまでは」と固辞していましたが、選挙も終わり、ついに役員を引き受けることにしました▼理事会で、一つは、文化行事に取り組もうということになりました。映画などの上映を計画します。二つには、中国旅行に行こうということになりました。北京オリンピック後の秋以降に行こうという計画です。三つには、戦争記録集の第十四集を発行しようということが話し合われました。私は、祖母の妹の満州での苦難を書こうと思っています▼宇部市でも楽しい行事を行いたいと思います。太極拳教室が開けないか、今、萩にいらっしゃる先生と交渉中です。皆さんの中で、中国に関することで、要望がありましたらどしどしお知らせください。

美味しい魚

 昨日の魚の話しの続きです。妻が帰り、このしろのは刺身と、酢漬けに。あじは、から揚げと南蛮漬けに。このしろは、骨が多く処理が大変でしたが、こりこりと身が歯ごたえがあって、美味しくいただきました。あじのから揚げは、一人5匹づつくらいは一気に食べました。今日の朝も子どもたちはあじのから揚げを食べていました。

 今日夕方は、このしろの酢漬けと、あじの南蛮漬けをこれも美味しくいただきました。今日は、昨日写した写真を紹介しましょう。

 

DSCN0615.JPG

   実家に寄ったときに釣果を撮影しました。

大漁でした。

 早朝、宇部市は雨。今日の我が家の釣り大会を中止しようか悩みましたが、午後から天気が回復するとのことで、決行することにしました。

 順調に、9時過ぎに萩市に到着しましたが、えさを調達しなければなりません。丁度、目的地の手前に、釣具屋さんを発見。釣具屋さんのご主人さんから「萩シーマートの裏がいいですよ。」との情報を得て、場所を変更して、そこで釣ることにしました。

 午前10時頃から開始。10分あまり、あまり釣れません。おまけに、小雨も降ってきました。場所をマリーナに変えようかと話していた矢先に、3男があじを釣り上げました。それから、次男もゲット。途中、大雨に2~3度降られました。えさもなくなり、追加したり、子ども同士の針がからまったりと様々なアクシデントもありました。しかし、買い足したえさがなくなるまでの3時間(午後1時過ぎまで)、釣れた釣れた。子ども3人と私の4人で20尾づつ釣れたのではないでしょうか。(クロとふぐは、海に返し)持って帰った魚の数は、あじ53尾、このしろ23尾、クロ1尾でした。途中、実家といつも農業でお世話になっている親戚によって合計14尾のこのしろをお裾分けしました。

 残ったあじ53尾、このしろ9尾、クロ1尾は妻が帰り次第、料理することになります。(私もこれからは、魚をさばけるようにならないといけませんが。)アジは、今日食べて残った分は、冷凍してしばらく食べ続けることになるでしょう。このしろは、刺身か焼くかでしょうか。

 最初の釣りが大漁となり、子どもたちも「また行こう」とノリノリです。今度は、12月議会が終わってからの年末でしょうか。今度も、岸壁からのサビキ釣りでしょうが、いいスポットがあればお教えください。

 我が家では、釣りが一気にブレイクしてしまいました。