月別アーカイブ:2013年12月

山田洋次名作映画DVDマガジン完結

 子どもたちの従兄弟たちが我が家に来ているため、年末の準備は早めに済ませており、割合にゆったりした今年最後の一日です。

 子どもたちは、今から映画に行きます。

 私が観たい映画と時間が合わないため、私は、正月明けに映画鑑賞することにします。

 朝から山田洋次名作映画DVDマガジンVol.25「喜劇一発勝負」を観ました。

 この作品でDVDマガジン完結です。

 これまで、連作マガジンものをいくつか買い揃えようとしたことはありましたが、最後まで続きませんでした。

 山田洋次名作映画DVDマガジンは、私の思い入れがひとしおだったことがうかがえます。

 「喜劇一発勝負」は、1967年の作品。男はつらいよシリーズが始まる2年前の作品です。

 山田監督が喜劇映画を作りはじめて、6年目の作品ですので、安定感があります。

 そして、男はつらいよに続いていく流れが出てきているような感じがします。

 主人公の孝吉は、でたらめな放蕩息子。

 頑固な父親との愛憎劇が本作のテーマです。

 今までと違うのは、主人公が最後は成功者として登場するところです。

 しかし、最後に・・・。この部分は本作をご覧になって確かめて下さい。

 私と父との関係、私と息子たちの関係を想い起こしながら鑑賞しました。

 山田洋次DVDマガジン25巻は、私の大切なものの一つとなりました。

 Vol.1「幸福の黄色いハンカチ」あたりから見直すことにいたしますか。

 山田監督には、次回作に期待します。

 マガジンの最後には、山田監督の「『東京家族』の続編を作ることにしました」の言葉が掲載されています。

 期待に胸を膨らませつつ、それまでは、DVD鑑賞の日々としたいと思います。

 山田監督ファンの皆さん。好きな作品をお教え下さい。

「夢幻の如く―異聞・本能寺の変―」

 昨日から、妻の弟の子どもたちが千葉からやってきました。

 我が家の子どもたちも従兄弟たちと楽しそうです。

 子どもたちは、今日は、私の実家で餅つきを体験しています。

 私も仕事と年賀状書きの見通しが立ち、今日は読書三昧です。

 映画「アオギリにたくして」を観て、会場で、監督である中村柊斗さんに原作本にサインをいただきました。

 中村柊斗さんは、他にも本を出しておられることがわかり、今日からデビュー作「夢幻の如く-異聞・本能寺の変-」を読んでいます。

 時代小説は読みますが、歴史小説はあまり読まない私でも、信長の生きざまを感じることが出来る小説です。

 織田家の末裔の「信男」が現代と信長とをつなげ、信長を生きた人間として、今の私たちにリアルに感じさせてくれます。

 信男は、本能寺の変の20年前の桶狭間の戦いの直前にタイムスリップします。

 桶狭間の戦いを予言し、五石十人扶持を与えられました。

 これから信男はどうなるのかとても興味深く読んでいます。

 信長は「人生50年」と謡い50歳を目前に、本能寺の変で亡くなりました。

 私は49歳。この年に、信長が関係する小説を読む奇遇を感じています。

 今年は、中村柊斗さんの小説とともに年越ししそうです。

 読書は人生を豊かにしてくれますね。

 

今年最後の街頭宣伝を行います。

 本日、宇部市東部後援会の皆さんと今年最後の街頭宣伝を行います。
 安倍首相の靖国参拝問題と、仲井真沖縄県知事の辺野古埋め立て承認の原稿例は以下の通りです。
・・・
  年末を迎えて、安倍首相の暴走は止まりません。安倍首相は、26日に靖国神社を参拝しました。靖国神社は、過去の日本軍国主義による侵略戦争を「自存自衛の正義のたたかい」「アジア解放の戦争」と美化し、宣伝することを存在意義とする特殊な施設です。この施設に首相が参拝することは、侵略戦争を肯定・美化する立場に身を置くということを世界に向かって宣言することにほかなりません。第二次世界大戦後の国際秩序は、日独伊の3国がおこなった侵略戦争は不正不義のものとすることを共通の土台にしています。首相の行為は、第二次世界大戦後の国際秩序に対する正面からの挑戦であって、断じて許すわけにいかないものです。首相の行動は、アメリカを含めて支持されないものであり、世界全体を敵に回すことになり、矛盾を広げるものです。

 27日には、沖縄県の仲井真知事が名護市辺野古の埋め立てを承認しました。これは、辺野古移設・新基地建設反対という沖縄県民の総意を踏みにじるものです。また、「県外移設」という自らの公約に背くものです。知事の行動は、沖縄県民に対する歴史的裏切りといわなければなりません。同時に、安倍政権と自民党本部は、強圧をもって、沖縄県選出の国会議員と自民党県連に「県外移設」の公約を撤回させ、新基地建設容認に転じさせました。そして、沖縄振興費など「札束」の力で仲井真知事に圧力をかけ続け、埋め立てを承認させました。県民を裏切った責任はもとより重要だが、裏切らせた安倍政権の責任はきわめて重いと言えます。力ずくで公約を撤回させ、新基地建設を押し付けるなどというのは、およそ民主主義国にあるまじき理不尽な暴政であり、断じて許すわけにはいきません。日本共産党は、沖縄県民の総意を踏みにじる辺野古埋め立て申請の撤回を求めます。名護市長選で稲嶺市長の再選のために力を尽くします。
・・・
 引き続き皆さんのご意見をお待ちしています。

来年は午年

 来年は、午年です。

 午年にちなんでポニーの撮影に行きました。

 場所は、私の故郷、宇部市吉部です。

 今小野の藤村さん宅に3頭のポニーがいます。

 1頭は、近寄ってきました。

 人懐こく、一頭のポニーが近づいてきました。

 もう1頭は、私から離れ、片足を曲げ、今にも突進してきそうな雰囲気です。

 もう一頭は、左足を少し曲げ、突進してきそうな雰囲気

 もう1頭は、終始、エサの藁を食んでいました。

 そうです。今年賀状の仕上げをしています。

 今日、半分は、出来ました。

 馬バージョンを今から作るところです。

 年内にギリギリ投函できるように宛名の整理を急がなくては。

 皆さんは、新年の準備が出来ましたか。

 そうそう、我が家には、明日、午後から来客があります。

 妻の弟の子ども(高校生と中学生)が我が家にやって来ます。

 我が家では、かつてない大規模な大掃除が行われています。

 今日の掃除MVPは、中二の次男です。

 ブルドーザーのようにゴミを回収し、床に雑巾がけをしてくれました。

 次男を大いに見直した年の暮れです。

 泣いても笑っても年末のカウントダウンが始まっています。

 落ち着いて新年を迎えたいものです。

「上関原発を建てさせない山口県民大集会」山陽小野田・宇部実行委員会結成準備会

 来年、3月8日、午前10時から山口市維新公園ちょるる広場で、「上関原を建てさせない山口県民大集会」が行われます。

 集会成功のために、各地域で実行委員会が結成されています。

 山陽小野田・宇部地域では、来年1月13日に実行委員会を結成するために、今日、宇部市内で結成準備会を開きました。

 草地県実行委員会事務局長が経過説明を行う

 佐々木県議が原発をめぐる国や県の状況を報告。

 草地県実行委員会事務局長が、経過報告を行いました。

 その後、参加者が脱原発への想いを語りました。

 お母さんが被爆者だというある女性は、「福島では、放射能の危険が子どもたちに及んでいる。なのに、原発の再稼働や新増設を認める動きが加速している。集会を成功させ、原発のない山口県と日本を実現したい」と語りました。

 私もまったく同じ想いです。

 協議の結果、山陽小野田・宇部実行委員会の結成会を来年1月13日(祝日)13時から宇部市シルバーふれあいセンター第3講座室で行うことを決めました。

 山陽小野田・宇部地域で原発問題に関心のあるみなさん、1月13日の結成会にお集まり下さい。

老人漂流社会

 昨日、訪問した方が、お母さんの終の住みかがなく困っておられました。

 特別養護老人ホームに入所できない。

 老人保健施設などを3ヶ月ごとに渡り歩いている。

 今いる施設の期限が切れて次に入る施設が決まっていない。

 この家で引き取れば、母は一気に病状を悪くするだろう。

 安心して入所できる施設はないものか。

 このような内容でした。

 この話を聞き、今日、書店で、NHKスペシャル取材班の「老人漂流社会」という本を手にしました。

 NHKスペシャル取材班の本では、「無縁社会」もとても興味深く読みました。

 この本は、読み始めたばかりですが、「歳をとることは罪なのか」とセンセーショナルな言葉が飛び込んできました。

 私は、大学で社会福祉・社会保障を学びました。

 日本国憲法には「社会福祉・社会保障は国の責任で保障する」とあります。

 戦前、介護は、家族に課せられていましたが、戦後は、社会で観る。最終的には国で責任を取るとなったはずでした。

 私の感覚では、90年代以降、社会福祉への国の関与が著しく低下してきていると思います。

 そして、今日、「無縁社会」「老人漂流社会」という言葉で表現されるまでの日本になってしまいました。

 今、国の方向を考え直さなければ、国民の生存権が侵害される事態が広がるばかりです。

 私は、年末年始、「老人漂流社会」を読んで、日本の社会福祉・社会保障の事を考え直したいと思います。

 皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

1 / 612345...最後 »